記事

スカーレット・ヨハンソン、物議を醸したキャスティング論争に物申す

「どんな役柄でも演じられることが認められるべき」と訴えるスカーレット・ヨハンソン(Jordan Strauss/Invision/AP/Shutterstock)

性同一性障害の男性の役柄にキャスティングされたことに対して抗議が殺到し、先日降板の決断を下したスカーレット・ヨハンソン。現在、この物議を醸している”キャスティング論争”について最新インタビューで言及。「どんな役柄でも演じられることが認められるべき。今は社会的な境界線がたくさん引かれていて、芸術分野にまでポリティカル・コレクトネスが反映されている」と語った。

スカーレット・ヨハンソンはAs If誌に掲載されたインタビュー内での発言が論争を巻き起こしたことについて、あの発言は「クリック数を稼ぐための餌として編集された」と発言。「最近掲載されたあのインタビューはクリック数を稼ぐために編集され、完全に文脈から外れた状態で引用されている。あのときは現代美術作家デヴィッド・サーレとの対談の中で、ポリティカル・コレクトネスと芸術の対立についての質問に答えた。個人的に思うことは、理想的な世界では、演技者はどんな役柄でも演じられるべきで、どんな形であっても芸術はポリティカル・コレクトネスに動じるべきではない。これを説明しようとしたにもかかわらず、真意が理解されていなかった」と、現地時間7月14日に(ヴァラエティ誌経由で発表した)声明の中で述べている。

ヨハンソンが論争を巻き起こした最新インタビュー内で、彼女は現在ハリウッドにいる社会に対する意識の高い人たちの最新「トレンド」が反映されていると指摘し、ポリティカル・コレクトネスがキャスティング決定に影響するべきかどうかと疑問を呈していた。

「そうでしょ、演技者として、私はどんな人物でも、どんな樹木でも、どんな動物でも演じられることが認められるべきよ。だって、それが私の仕事だし、この仕事に求められることなのだから」と、As If誌でヨハンソンはデヴィッド・サーレに発言している。

ヨハンソンのコメントが出たのは、2つのキャスティング論争に直面したあとだ。1つ目は映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の白人化された主人公を演じたこと。2つ目が映画『Rub & Tug(原題)』の主役を演じると報じられたこと。この作品は、女の身体で生まれた性同一性障害の男性で、のちに暴力団の親分となった実在の人物を描いており、ヨハンソンのキャスティングに大して激しい抗議が沸き起こり、最終的にヨハンソンは降板を余儀なくされた。

「今は社会的な境界線がたくさん引かれていて、芸術分野にまでポリティカル・コレクトネスが反映されているわ」と、As If誌のインタビューでヨハンソンは述べている。

「これは私が働く業界のトレンドだと思うし、社会の中にあるさまざまな理由から、そういうトレンドが必要なこともわかっているけど、これが芸術にまで悪影響を与えてしまうと不快に感じることがあるの。だって芸術は何ものにも制限されるべきじゃないと思うから」

As If誌でのヨハンソンの挑戦的な発言は、『Rub & Tug』のキャスティング後に彼女が出した声明でも感じられる。この声明で「ジェフリー・タンバー、ジャレッド・レト、フェリシティ・ハフマンの代理人からコメントをもらうよう彼らに伝えてほしい」とヨハンセンは述べていた。タンバーはドラマ『トランスペアレント』で、レトは映画『ダラス・バイヤーズクラブ』で、ハフマンは映画『トランスアメリカ』でトランスジェンダー役を演じている。

しかし、それでも反発が続いたため、ヨハンソンはゲイ&レズビアン雑誌Outへの声明で、熟考を重ねたのちに『Rug & Tug』を降板することを決めたと明かした。「私がダンテ・テックス・ギルに配役されたことで生じた倫理的な問題を鑑みて、この作品プロジェクトへの参加を謹んで辞退すると決めました。トランスジェンダーに対する文化的理解が今後も促進されるでしょうし、最初に出した声明のあと、このコミュニティからたくさんのことを学び、あの声明が無神経だったと気付きました」と、2018年7月にヨハンソンが発表した。

さらに、ヨハンソンはAs If誌のインタビューで、「パフォーマンスにトレンドがあるかは知らないけど、現在のキャスティングにトレンドがあるのは明白よ。今日、演技とは何かについて、またスクリーン上で誰にどんな役を演じてほしいのかについての議論が多くなされていて、それが重要視されているの。だからこそ聞きたいのよ、じゃあ演技って何なの?って」とも語っている。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  5. 5

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄に米国「韓国に失望」

    ロイター

  10. 10

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。