記事

北朝鮮、米韓合同軍事演習に警告 「非核化協議へのリスク」


[ソウル/ワシントン 16日 ロイター] - 北朝鮮外務省は16日、韓国との合同軍事演習を行わないという約束を米国は守らないようだと批判し、北朝鮮の非核化に向けた協議がリスクにさらされていると指摘した。

一方、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある板門店で金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と先月会談した際に、非核化に関する米朝の実務者協議の再開で合意したと明らかにしたトランプ米大統領は16日、金委員長と「非常に良好な関係」を維持していると強調した。

トランプ氏は、北朝鮮問題で政府は「大きな前進」を遂げ、北朝鮮と「素晴らしいコミュニケーション」を維持していると述べ、どの程度の時間がかかるかは問題ではないとの考えを示した。

さらに「今後を見極める」とし、「急いではいない。われわれは恐らく、北朝鮮や全ての人々、世界にとり非常に良いことをできるだろう」とコメントした。

これより先に、国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が報じたところによると、北朝鮮外務省報道官は、米韓合同軍事演習が夏に実施されれば、米朝実務者協議に影響すると警告した。

北朝鮮外務省報道官は「米国との実務者協議に関する決定は、米国の動向を見守りながら下す」と表明。

報道官は別の声明で「演習がリアルタイムの訓練であり、わが国を軍事的に破壊するための戦争のリハーサルであることは明白だ」とし、トランプ大統領が先月の金委員長との会談で演習を行わないことを確認したと主張した。

報道官は「米国が約束を守らないのであれば、我々が(シンガポールで行われた米朝首脳会談の)合意にとどまる理由は薄れる」とも述べた。

米韓は、年次の大規模な合同軍事演習を終了することを決めたが、小規模な演習は行っている。

在韓米軍のリーカー報道官は「準備を整えておくことがわれわれにとって最優先課題である。通常の運用手順などから、予定している訓練や演習については公表しない」とした上で、米韓部隊は合同訓練を継続しているが、外交上の対応と整合性を図るため、訓練の規模や人数、時期などを調整しているとした。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  3. 3

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  5. 5

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  8. 8

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  9. 9

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  10. 10

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。