記事

これまでは、なんとかなってきたかもしれないが、、、、

つくづく感心するに、日本経済の地力は凄いものがある。 成熟経済に突入して30年余り、まだなんとかもっている。

なんとかもっているの中には、いつも指摘している国家財政の綱渡りや国の借金だけではない。

いろいろな分野で、いまだに経済も国家財政もピカピカだった頃の鷹揚さが残っている。

たとえば、課税最低限が世界的にみても驚くほど高い。 税金が免除される低所得者の領域が、日本は断トツに大きいのだ。

これだけ国家財政が火の車になっているのだから、より広い裾野の人々にも税負担してもらってもいいはず。

ところが、個人所得税の課税最低限の引き下げなど全く検討されない。

租税特別措置法も同様である。 ほとんどが時限立法なのだが、少しずつ形を変えて期限を過ぎても存続している。

他にも、各種の補助金や外郭団体など既得権というか税優遇というか、そんなものがはびこっている。

そういった合理性を欠く制度や慣習を抜本的に見直せば、財政の負担もそれなりに軽くなる。

また、税金で食っているだけのゾンビ企業や政府系団体を大幅に減らせば、人手不足の解消にもつながる。

それはそのまま、さんざん話題となっている日本の生産性の低さにおいても、一気に挽回できる。

残念ながら、日本の現実は反対方向である。 なにごとにも先延ばしで、抜本的な改革というものには手を付けようとしない。

そういった決められない、変えられない政治が日本経済の足を引っ張っている。

先に日本経済の地力と書いたが、そういつまでも続かない。 相当に無理を重ねてきているのが現状である。

どこかで、ガタガタと崩れ出すのは避けられまい。 折にふれて書いている、ガラガラポンもあり得る。

そうなった時に、否応なしで突きつけられるのは「自助の努力」である。 なにがあろうと生きていかなければならない。

生きていくには、自分で自分の食い扶持を探し求めるしかない。 そんな時になっても、長期投資は大きな味方である。

ちょっと荒っぽいことを書くが、いっそのこと早くガラガラポンになってくれた方が、いいのかもしれない。

それだけ、日本の立て直しを早く始められる。 それも、日本経済の地力が残っている間に。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    嫌韓風潮を憂える朝日社説に疑問

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    よしのり氏 韓国批判を封じるな

    小林よしのり

  3. 3

    ミヤネ屋出演者の発言に批判殺到

    女性自身

  4. 4

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  5. 5

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  6. 6

    カンペ頼る経産相に福島県民呆れ

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  7. 7

    総務相 SIMロックルール見直しを

    ロイター

  8. 8

    新型iPhoneの5G搭載見送りは正解

    新井克弥

  9. 9

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  10. 10

    煽り運転批判で舛添氏に苦情殺到

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。