記事

日産「スカイライン」改良、高速道路で手放し運転できる機能初搭載


[横浜市 16日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は16日、一部改良した高級スポーツセダン「スカイライン」を9月に発売すると発表した。ガソリン車とハイブリッド車(HV)を用意し、HVでは高速道路の同一車線でハンドルから手を放して自動走行できる運転支援機能「プロパイロット2.0」を初搭載し、標準装備した。

現行車と車台などは同じだが、デザインを一新。日産の技術を訴求するため、エンブレムも高級車ブランド「インフィニティ」から変更して約5年ぶりに「ニッサン」を復活させる。

スカイラインは1957年に初代が誕生した、日産車で最も古い歴史を持つ車。国内事業を統括する星野朝子副社長は改良スカイラインに「あらゆる技術を詰め込んだ」と期待を込めた。

運転支援機能は、高精度な3次元の地図データ、車の周囲の状況を把握するカメラやセンサーなどによるナビゲーションシステムを連動させることで実現。ドライバーがすぐハンドルを操作できる状況にあれば、高速道路の同一車線上での手放し運転や前方車両の追い越しができる。ドライバーが前方から目をそらしたり、目を閉じたりした場合には警報が鳴り、目線が戻らないと緊急停止する。高速道路での車線変更や分岐への対応などほぼ自動で走行できる。

価格はガソリン車が427万4640円から、HVが547万4520円からで、同グレードの現行車より約50万円高い。販売目標は現行車とほぼ同じ水準の月200台を超すレベルを目指す。ガソリン車とHVの比率は半分ずつを想定する。

プロパイロット2.0は海外でも搭載していく予定だが、国内に続く市場や投入する車種・時期など現時点では非公表。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  4. 4

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  6. 6

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

  7. 7

    決断力なき小泉環境相の評価急落

    天木直人

  8. 8

    廃業で行き場失う日本の高級木材

    田中淳夫

  9. 9

    F35の組み立て継続へ 米が希望か

    清谷信一

  10. 10

    安倍・中曽根比較のコラムが秀逸

    海住恒幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。