記事

アポロ11号とはやぶさ2

 今から50年前の7月21日未明(日本時間)、アメリカNASAのアポロ11号により、人類を初めて月に送り込むという偉業が達成された。私は高校1年生の夏休み初日で初めて徹夜し、この歴史的瞬間を見ようと、テレビの前に陣取った。宇宙飛行士の一挙手一投足や、管制センターとのやりとりを、固唾をのんで見守った。

 最近のアポロを回顧する報道の中では、当時アメリカとソ連の間では、宇宙開発競争が激化しており、国家としての威信がかかっていたと指摘する。アメリカとしては先を越されまいと、ステップを2つ3つ端折って、無理に月に送り込んだと言う話も披露された。また当時のコンピュータは真空管が使われ、今から考えると、よくそんな装備で月に到達できたものだと感心してしまう。

 それから50年、今度は日本のJAXAが宇宙開発で大きなステップを踏むことができた。言うまでもなく小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに到達し、完璧な正確さで岩石を採取したことである。特に2回目のタッチダウンでは、弾丸を撃った後に出来た人口クレーターからの岩石採取となり、太陽光などで風化されていない岩石が採取された可能性が高い。その分析によって、太陽系の成り立ちや生命の起源等を解明する大発見が行われるかも知れない。

 また電波でも20分かかるという、地球から3億キロも離れた遠い宇宙で、探査機をピンポイントで誘導する技術は、現在他のどの国も追随する事はできないはずだ。まさにアポロ11号の月面着陸に継ぐ位の、いや匹敵する位の大きなステップではないだろうか。

 アメリカやロシア、中国のような巨額を投ずる宇宙開発とは別に、今回の日本のような、コストをあまりかけずに、技術力でこれだけの宇宙開発と研究が進むのだと言う、良い例を世界に示すことができたことは嬉しい限りである。今後とも日本の「クールジャパン」と言えるような宇宙開発に大いに期待したい。

あわせて読みたい

「はやぶさ2」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  10. 10

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。