記事

『裁判官は劣化しているのか』(岡口基一著)

 岡口基一裁判官の『裁判官は劣化しているのか』を読みました。



 とても読みやすい本です。
 裁判官制度を支えていた「徒弟制度」(という表現は使われていません)の崩壊により、裁判所内での経験などの伝授がままならなくなっているという現状は憂うべき状況かと思います。

 その根底には、法科大学院制度を中核とした今時の司法改革の失敗が上げられています。こんなところにも悪影響を及ぼしていたんだと驚きでした。
 とかく裁判所は司法研修所の成績上位者を確保しているから大丈夫なんだということが言われていましたから。

2019年7月13日撮影


 司法試験合格者数の激増に伴い、司法研修所での修習が2年から1年に短縮され、その結果、司法研修所での要件事実教育は放棄されました。
 その結果、裁判官になってから学ぶということになったというだけでなく、それまでは飲みニュケーション(私は飲み会は嫌いです)で要件事実論について大いに議論していたのに(私は議論は好きです)、働き方改革ともあいまって(若者気質もあるんでしょう)、裁判所内での伝授の機会も大きく減りというシステムの崩壊がよくよく伝わってきます。
 何よりも裁判所内で、司法の本質が語られなくなったことが司法の危機的状況を伝えています。

 『最高裁に告ぐ』はこれからです。



あわせて読みたい

「岡口基一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  9. 9

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  10. 10

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。