記事

働き方改革って本当に効果出てるの? 「本社の目が厳しい」「残業してはいけない風潮」という声

効果あったの?
効果あったの?

今年4月から、長時間労働が規制されるようになった。月の残業時間は原則として最大45時間と定められたため、労働時間の削減に取り組んでいる企業も多い。

実際に残業は減っているのだろうか?企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミを見てみよう。

「残業時間の上限を超えた人は上司から注意される」

「ここのところ、労働時間について本社の目が厳しいようで、残業時間低減の取り組みがされている」(ルートセールス、30代前半、男性、正社員、年収700万円)

「残業はほぼない。多過ぎると目立ち、減らすように考慮がある」(その他、40代前半、女性、正社員、年収350万円)

「残業時間は上限があり、それ以上のタイムカードでは上司から注意を受けます。法律遵守ですので、サービス残業している人は少ないです」(ソフトウェア関連職、30代後半、男性、正社員、年収500万円)

「働き方改革関連法」では、定められた時間を超えてしまうと、企業に刑事罰が適用される場合がある。そのため、長時間労働削減の取り組みに本腰を入れ始めた企業が増えている。

こうした影響か、口コミでも「残業時間低減の取り組みがされている」「多過ぎると目立ち、減らすように考慮がある」というように、残業に対する目が厳しくなっている声が多く見られた。

「残業すると怒られる。した場合の残業代は1分単位で出る」

「残業はほぼなし。というかしてはいけない風潮。むしろ残業すると怒られる。もちろんした場合の残業代は1分単位で出る」(ショップスタッフ、20代前半、男性、正社員、年収350万円)

「残業は少ない。内勤は特に上から圧をかけられるため、繁忙期以外であれば10時間以内に収まる。内勤は日直当番も無く、祝日出勤も無いため働きやすい」(その他、20代前半、女性、正社員、年収300万円)

残業削減の取り組みは、会社や現場の空気や雰囲気に影響を与える。口コミでは「むしろ残業すると怒られる」「上から圧をかけられる」という、多少強引な削減方法も見られたが、「残業をしてはいけない」という風潮が社内全体に浸透すれば、現場の社員も帰りやすくなるだろう。

これまで長時間労働やサービス残業が当たり前だった日本の働き方が、近年の働き方改革で徐々に変わり始めている。まだまだ現場の声とかけ離れた部分もあるだろうが、確実に成果は出ているようだ。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  6. 6

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  7. 7

    学校で感染集団 予防はまだ必要

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  9. 9

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  10. 10

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。