記事

睡眠は大事だ

今日の横浜北部は完全に梅雨でした。明ける気配をまったく感じません。

さて、一転して睡眠の話を。

日本でも最近は「睡眠負債」という概念が話題になったこともありまして、われわれの日常の睡眠の大切さが認識されつつあります。

そのような中で、体調がそのまま成績やサラリーに直結するスポーツの世界でも睡眠の重要性がかなり深く認識されていることがわかる記事がありました。

この記事では、ヒューストン・アストロズの現役のエースピッチャーであるプロ14年目のジャスティン・バーランダーが、一日10時間寝るだけでなく、それを自分のチーム内に浸透させようとしている様子が紹介されておりました。

現在のアメリカ人の平均睡眠時間は一日で6・8時間らしいのですが、バーランダーはそれをほぼ50%上回る睡眠を毎日獲得している計算となります。

記事には彼の睡眠のとり方も紹介されておりまして、基本は

部屋を完全に暗くする

というシンプルなもの。

ホテルの部屋で窓を完全に締め切ることができない場合は枕で顔を覆って何も見えないようにするとか。

バーランダー自身は10時間を目標としているだけでなく、身体が求めれば11時間でも12時間でも寝るそうで、

「答えは身体が知っている」

という信念を貫いている様子が見てとれます。

このような睡眠のとり方はスポーツ選手特有のものであり、一般の日本人にとっては完全に無理だという諦めの声は当然あると思います。

ところが安全保障の分野でも、たとえばアメリカでは兵士の睡眠時間の確保というのが部隊の運営にとって致命的な要素であることが認識されつつあるようです。

もちろん研究分野では、最近のエントリーでも紹介した近未来の戦争を描いたゴースト・フリートでもわかるように、米軍では兵士に自動的にホルモン剤などを血液に注入する装置を装着して、寝かさずに効率よく能力を発揮させるような研究が行われている様子がうかがえます。

ところが私が以前にある雑誌で短評を書いたこの本の中でも(アマゾンのレビューの結果はひどいですが)、後半の米海軍の潜水艦の乗組員たちの睡眠時間の確保の大切さに触れられていたのが印象的でした。

つまり、いざとなったら寝ずに仕事をさせるのは仕方ないのかもしれないが、結局しっかりと睡眠をとった人間が一番能力が高い、ということのようです。

現代のわれわれの生活には色々と睡眠時間を妨げる要素は多いですが、結果を出したい人、人生を健康に生きたい人は、まず寝ましょう

(地下鉄の車内の様子)

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  3. 3

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  6. 6

    政治家「産後うつは甘え」が波紋

    女性自身

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    英で感染再拡大 封鎖は明言せず

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。