記事

中国経済減速、関税が「大きな影響」 圧力強化も=トランプ氏


[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、中国経済の減速は米国による対中関税が「大きな影響」を与えている証しだと指摘し、米中通商協議が再開する中、米政府は中国に一段の圧力を加える可能性があるとけん制した。

中国国家統計局が同日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)は、前年比6.2%増に鈍化し、少なくとも1992年第1・四半期以来、27年ぶりの低い伸びとなった。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で、景気減速を背景に「中国は米国との通商合意を望んでおり、最初の合意を頓挫させなければ良かったと思っている」との見方を示した。

米中通商協議は再開したものの、トランプ大統領は先週、中国が米国からの農産物購入の約束を果たしていないと不満を表明している。

また、ホワイトハウスのナバロ通商製造政策局長はこの日、トランプ大統領が国産の鉄・スチール製品の原材料などの国内調達基準を引き上げる大統領令に署名する計画を発表し、中国に対する圧力は強まっている。

ムニューシン米財務長官は15日、中国との通商交渉の一環として、週内に中国当局者と電話会談を行う可能性があると述べた。

ムニューシン長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は先週、中国当局者と電話会談を実施したが、実際に顔を合わせての協議の日程については何も発表されていない。

ムニューシン長官はホワイトハウスで記者団に対し、「大きな進展が見られたら、われわれは訪中する」と述べた。

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長はフォックス・ビジネス・ネットワークとのインタビューで「中国が米国から農産物、モノ、サービスをかなりの規模輸入することを期待しているが、それがまだ確認できていない。状況が進展することを望んでいる」と述べた。

一方、関係筋は、中国は交渉の場で農産物を即座に輸入することは確約していないと指摘した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  3. 3

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  8. 8

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  9. 9

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  10. 10

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。