記事

米国が制裁解除すれば協議の用意=イラン大統領


[ドバイ/パリ 14日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は14日のテレビ演説で、米国が対イラン制裁を解除し、昨年離脱した核合意に復帰するのなら、米国と協議する用意があると表明した。

トランプ米政権は、核開発や安全保障問題に関するより広範囲にわたる合意についてイランと協議することにオープンな姿勢を示しているが、イランは米国の核合意離脱前と同程度の原油輸出が可能になることが協議の前提条件と主張している。

ロウハニ大統領は、演説で「われわれはこれまで常に協議というものを信じてきた。(中略)彼らが制裁を解除し、経済的圧力をやめ、合意に戻るのなら、われわれはきょう、今、どこででも米国と協議する用意がある」と述べた。

イラン核合意の当事国であるフランス、英国、ドイツの3カ国は14日、すべての合意当事国による対話の再開を呼び掛ける共同声明を発表。仏大統領府が発表した共同声明は「今こそ責任ある行動を取り、緊張の高まりに歯止めをかける方法を模索して対話を再開すべき時とわれわれは確信する」としている。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  7. 7

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  8. 8

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  9. 9

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  10. 10

    ソウル市長の遺体発見 自殺説も

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。