記事

強すぎる参議院:二院制の改革が必要だ

 この三連休、参議院選候補者は票を求めて、必死に選挙運動を展開している。街頭遊説には雨は困るが、猛暑よりも梅雨寒のほうが、候補者の身体には楽である。自公過半数確保と、メディアは情勢分析を行っているが、この機会に参議院の重要性について記しておく。

 私は、参議院議員であったし、参議院自民党の政審会長も務めたことがあるが、何よりも自民党政権の閣僚として「ねじれ国会」で苦労したことを思い出す。

 12年前の2007年夏の参院選で自民党は惨敗し、参議院で過半数を失い、民主党が参院第一党となった。私は、選挙後の安倍改造内閣に厚生労働大臣として入閣し、年金記録問題、薬害肝炎訴訟などの難問に取り組んだが、衆議院で法案が通っても、参議院では否決されるという事態が起こった。いわゆるねじれ国会である。

 安倍首相は腹痛の持病で首相を辞任し、福田康夫内閣が後を継ぐ。私は留任したが、ねじれ国会を乗り切るのは大変だった。福田首相は民主党の小沢一郎代表との間で大連立構想を進めるも上手くいかず、2008年9月に首相を辞任した。

 後継の麻生内閣(私も閣僚を留任)は、2009年夏の衆院選で敗れ、民主党に政権が移行した。その結果、国会のねじれは解消した。私は、閣僚としてはねじれ国家しか経験していないが、それだけにそのような状況での政権運営の難しさを痛感したものだ。

 日本の参議院の権力は強大である。首相指名、予算以外は、衆参は同じ重みである。私の経験からしても、対決法案については両院協議会など何の役にも立たない。参議院で否決された法案について、衆議院再決議権の行使で切り抜けたこともあるが、福田、麻生首相の問責決議案は参議院で可決されている。

 今回は、自公過半数維持の予想で、「ねじれ国会」にはなりそうもないからか、マスコミも与野党とも参議院の重要性について言及しない。参院選後の国政選挙は衆議院選挙である。万が一、衆院選で野党が勝ち政権をとると、負けた自民党にとっては参議院が抵抗の拠点となるし、野党の新政権にとっては参議院が頭痛の種となる。

 「参議院のドン」と言われた青木幹雄氏が、政界で大きな影響力を持ったのは、「ねじれ国会」を含めて、参議院の重みがあったからである。

 参議院選挙は、アメリカで言うと中間選挙の意味も持つ。ほぼ同一の権力を持つ二院を、たとえば衆議院をさらに優越的な院にする、フランスのように分野による役割分担を図るといった改革が必要である。地方分権、外交、憲法などは、「熟慮の府」である参議院にふさわしい。

あわせて読みたい

「参議院」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  5. 5

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。