記事

【大量閉店】、ディーン&デルーカもアマゾンエフェクト!わずか3ヵ月の営業で閉店も?

■全米77都市のショッピングセンターをモニターしている不動産調査会社レイス社によると、第2四半期(4月〜6月期)のモール空室率は前期から横ばいとなる9.3%となった。

9.3%の空室率は前年同期の8.6%から0.7ポイントも上昇、リーマンショック後となる2011年第2四半期(4月〜6月期)以来となり8年ぶりの高さだ。

モール空室率はリーマンショック後、2011年第3四半期(7月〜9月期)にピークとなる9.4%を記録、それ以降は緩慢な回復基調にあった。これがアマゾンの影響で店舗閉鎖が相次ぎ2016年から反転し空室が増えている状況にある。

しかも今年は昨年以上に店舗閉鎖が相次いでいる。

調査会社のコアサイト・リサーチによると、7月11日までに発表されたアメリカ国内の閉鎖店舗数はトータルで7,062店舗に上った。今年は上半期だけでも、昨年1年間で閉鎖となった5,864店を超えるペースで店舗閉鎖が起きている。

コアサイト・リサーチでは今年の店舗閉鎖数が2017年の8,139店を上回る、1.2万店との予想をしているのだ。

今月に入っても中西部や南部に展開するディスカウントチェーンのフレッズ(Fred's)が129店舗の追加閉鎖を発表した。フレッズは4月に159店舗の閉鎖を発表し、5月と6月にも追加閉鎖を発表しており、合計で約400店の店舗閉鎖となる。

ファッション雑貨を展開するチャーミング・チャーリーも11日、連邦破産法11条の適用を申請し倒産した。38州に261店舗を展開しているチャーミング・チャーリーは全店をスクラップするのだ。

日本人には馴染みあるお店も閉店に追い込まれている。

日本でも食品のセレクトショップとして人気を集める高級食品&デリ・チェーンのディーン&デルーカが経営不振により次々と店舗を閉じているのだ。

ジョルジョ・デ・ルーカ氏とジョエル・ディーン氏が1977年に創業したディーン&デルーカは2003年、日本への進出を果たした。現在までにアジア圏にカフェと店舗を60ヶ所以上、中東に3店舗を展開している。

しかしタイの不動産大手ペースデベロップメントが2014年に買収して以降、深刻な債務問題に直面しているのだ。

買収した当時は42店舗あったディーン&デルーカは毎年のように店舗を閉鎖し9店舗にまで減少した。

7月に入ってもカリフォルニアのナパバレー店とNYアッパ―・イーストサイド店も閉鎖。

さらには3か月前にNYミートパッキング地区にオープンしたばかりの新コンセプトカフェ「ステージ(STAGE)」も先週、閉店の手続きに入ったのだ。

ソーホー地区にある旗艦店は営業を続けるというが、仕入れ業者への支払いが延滞し多くのベンダーから提訴されていることでこちらも怪しくなっている。

ディーン&デルーカはアマゾン傘下となったホールフーズなど競合店からの影響を受け、客離れが進んでいるのだ。

 高級食料品&デリチェーンもアマゾン・エフェクトから逃れられなくなっていると言えるだろう。
 
トップ画像:ニューヨーク・ミートパッキング地区に今年4月にオープンしたディーン&デルーカの新コンセプトカフェ「ステージ(STAGE)」。アマゾン・エフェクトでオープンからわずか3か月で閉店となったのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ニューヨーク視察では昔、ディーン&デルーカによく行っていました。しかし売り場や商品に以前ほどの魅力がなくなり店舗閉鎖も相次いでいることで日程にいれなくなったのです。一部のクライアントからたまに訪問先としてリクエストは上がることもありましたが「時間の無駄」と却下していたほど。

そんな折ニューヨークのミートパッキング・ディストリクトにドイツ人建築家のオーレ・シェーレン氏がデザインした「ディーン&デルーカ STAGE(Dean & DeLuca STAGE)」が今年4月にオープンしました。が、新コンセプトカフェもまさかの3か月間の営業で終了です。

結局、高級デリも競合店対策が出来ておらず、さらに放漫経営のツケでベンダーから提訴されたりでイメージが悪化、客離れが深刻な状態になっていたのです。アマゾン・エフェクトというよりも自業自得という感じもします。報道によると食の高級セレクトショップがコカ・コーラやまで扱うようになったとか...

 日本人に馴染みのチェーンも今後、閉鎖に追い込まれるでしょうね。当ブログの大量閉店シリーズはまだまだ続きます。

あわせて読みたい

「ショッピングモール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  2. 2

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。