記事

もう、小泉劇場は起こらない~オタク化する選挙

1/2
2005年、時の首相小泉純一郎は郵政民営化を巡ってその賛否を問うべく衆議院を解散、選挙を行い、その結果、小泉劇場と呼ばれる自民党の大勝を招いた。だが、今回の参議院選挙では、こうした「○○劇場」は多分、起こらないだろう。ただし、自民党は勝利する。また公明党、共産党も。そして「○○劇場」、今後発生する可能性は極めて低いとも僕は考えている。

年齢が低い方が政治への関心度は相対的に減少している

その理由を挙げてみよう。まずデータから。 総務省の統計によれば1988年から2017年の間に参議院選挙の投票率は65.0%→54.7%と15.7ポイントの減少を見せている。若干の波はあるが原則、漸減状態にある。これを世代別に見てみると20代:47.5%→35.6%で25.1ポイント、30代:65.3%→44.2%で32.3ポイント、40代:70.2%→52.6%で25.1ポイント、50代:75.4%→63.3%で16.1ポイント、60代:79.9%→70.7%で11.5ポイント、70代:66.7%→61.0%で8.5ポイントと世代が下がるにつれて投票率の低下率が上昇する傾向がある(これは衆議院選挙の投票率も同様)。

つまり全般的に投票率は減少傾向にあるが、年齢が低くなるほどその傾向が高くなる。加齢とともに投票率は上がるという一般的な傾向があるが、それらを考慮しても、今後ますます投票率は低下することになる可能性が高い。

私的な関心へベクトルが向かう若者たち

次にメディア論、とりわけ若者論的立場から考えてみよう。 かつて七十年代までは「大衆の時代」と言われていた。マスメディア、とりわけテレビや新聞が世論を形成し、これが選挙に大きな力を及ぼした。というのも、これらへのアクセス度、そして信頼度が非常に高かったためだ。

60年代末の学生運動の終息以降、若者たちは私的な生活にそのベクトルを向け、政治への関心を失ったかのようにみえたが、実はその間もそれなりに政治的意識はあり、若者は投票に足を運んでいたのだ。その際、投票を考慮する主たる情報源がマスメディアだった。

だが全般的に政治に関心が低下すると、それに伴って若者の関心も低下していく。そして、マスメディアも消費的情報を増大させつつ、提供情報を多様化させ、これに伴って支持政党なしの無党派層が増大していく。そこで、90年代以降、こうした無党派層をどのように取り込むかが政党にとっての課題となったのだ。

テレビとインターネット(SNS出現以前)間の情報循環が「劇場」を発生させていた

これに成功したのが小泉純一郎だった。小泉自身「無党派層は宝の山」と表現していたが、まさにこれを獲得することに成功したのだ。その要因、実はインターネットの普及が大きく関係していると僕は見ている。ゼロ年代はまだスマホ出現前夜(iPhoneの発売は2008年7月)、だがインターネットはパソコンベースで徐々に普及を見せていた。ブログも普及、またソーシャルメディアもmixiや2ちゃんねるといった初期のものが人気を博していた。

そして、この時、インターネットとテレビ・新聞はまだ蜜月的関係にあった。ソーシャルメディアで話題になったものがあると、これをマスメディアがプッシュ・メディア的機能を利用してピックアップした。つまりテレビや雑誌がネット上で盛り上がっていることをマス機能を用いてバイラルした。

すると今度はマスメディアが取り上げた話題が再びインターネット上に還流、さらにソーシャルメディアやブログなどでこれらが取り上げられ、それが再びマスメディアがピックアップという循環によってブームが起こるという「マスメディアとインターネットによる情報のスパイラル」が発生していたのだ。

小泉劇場が発生した大きな要因の一つがこうした二つのメディアによる共犯的な循環にあったのでなかろうか。そして、この時、小泉的な「ワンフレーズ・ポリティックス」は旨く機能した(地方なら宮崎・東国原英夫の「宮崎をどげんかせんといかん!」だった)

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  2. 2

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  3. 3

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  4. 4

    還暦AV女優が明かすやりがいとは

    PRESIDENT Online

  5. 5

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  6. 6

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  7. 7

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  8. 8

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  9. 9

    煽り殴打容疑者「車と女」に執着

    文春オンライン

  10. 10

    韓国は自滅の道を歩む 北が予言

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。