記事

「9月1日の子どもの自殺」各党の対策は【参院選2019】

2/2

【国民】
 児童虐待防止対策やいじめ防止対策を強力に進めることで、子どもの自殺を防ぎます。

 いじめ防止対策推進法を強化し、学校の相談体制の強化、学校と教育委員会の取り組みへの責任の確立、日常的な児童相談所と警察との連携強化を推進します。

 その中で、とくに長期休み明けの子どもたちへの対応についても、子どもを追い詰めることなく進めるべきだと考えます。

【共産】
 不登校をしても、休んだ後の学びや進路探求が、当事者の気持ちにそったかたちでできる場があることが目に見えていれば、安心して休むことができます。

 そうした場を、公的支援も行なって、多様なかたちで増やすことが大切です。そうした場や進路についての具体的な情報を、日常的にすべての子どもや親たちに提供することも、大事な取り組みだと思います。

 もちろん、「学校に行かなくていい、私たちはあなたを受けとめる」という取り組みは引き続き重要です。 

【維新】
 夏休み明けの9月1日に自殺者が多いという認識を中学生、高校生の子を持つ親および関係者に周知徹底させることが、まずは必要である。

 長期の休みのあとは、心理的に不安定であることが多いため、生徒に対する配慮が必要である。

 今後、ICTやSNSなどを活用した相談体制や生徒たちの声を直接聞く体制の構築が必要である。子どもが発する悩みのシグナルをいかにキャッチするかが課題である。

【社民】
 ご指摘のように、メディアで取り扱われたぶん、その認識は以前よりは高まったかもしれませんが、それだけでは不十分です。

 学校現場での子どもたちに対する取り組みや、政府の率先した支援や活動などが求められていると考えます。

* * *

 今回、「れいわ新選組」にも回答をお願いしておりましたが、回答の〆切期日までにお返事をいただくことができませんでした。また、漢字仮名づかいのみ編集部にて校正。(編集部より)

「不登校新聞」マガジンの読者登録はこちらから

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  3. 3

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  4. 4

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  5. 5

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  8. 8

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  9. 9

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  10. 10

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。