記事

【千葉】「野党の力結集させ新しい経済政策のスタート地点に」玉木代表らが千葉市内で演説会


 玉木雄一郎代表は12日、千葉市中央区を訪れ、奥野総一郎、谷田川元両衆院議員、青木愛参院議員とともに国民民主党の街頭演説を行った。

 玉木代表は、党として初めて迎える国政選挙について「国民民主党を国民の皆さんに認識していただいて、野党の力を結集させ、経済生活が一向に回復しない安倍政権に立ち向かい、新しい経済政策のスタート地点にしたい」と表明。「消費を軸とした好循環を回していく経済政策である『家計第一』は、福祉政策ではなく堂々たる経済政策だ。解決策を示し、安心を実感できる暮らしに変えていけるように全力で頑張っていきたい」と訴えた。

 演説会後に記者団の取材に応じた玉木代表は、千葉での街頭演説の目的について「比例票の掘り起こしを首都圏で行っていきたい。千葉県選挙区の長浜博行候補については、野党結集をして一定の整理をした上で支持をした」と語った。

 参院選前半戦を終えての有権者の関心への手応えについては、「多くの地域を回り、いろんな人の声を聞いて、生活に関わる政策の転換ができるのが選挙だと思う。国民民主党が先頭に立ち、声に応えて訴えていく後半戦に臨みたい」と決意を示した。

 安倍総理が元ハンセン病患者家族への賠償判決に対する控訴を断念したことについては、「総理が謝罪の気持ちを伝えたいと述べた反応に関しては感謝を申し上げたい、そして誤った隔離政策をとったことへの真摯(しんし)なおわびが実現することも評価をしたい」と語った。また「どのような救済策が望ましいか関係者と協議の場を設けることが大事だ。国の誤った政策で生じた被害や精神的、経済的被害は国の政策の結果であり、最後まで責任をとるべきだ」と訴えた。

千葉市中央区で街頭演説

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    現金給付を避ける麻生大臣に苦言

    藤田孝典

  2. 2

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  3. 3

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  4. 4

    朝日の布マスク報道に感じる悪意

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  6. 6

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  7. 7

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  8. 8

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    東京もNYのように? 厚労省が回答

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。