記事

《徒然に…》海と日本人に関する意識調査

1/2


日本人の7割のひとが「海に行きたい」と答えた。四方を海に囲まれ、海から数々の恩恵を受けている海洋国家・日本にとって、頼もしい結果といっていい。

「海の日」を前に、日本財団では現在の日本人の海への意識、行動の実態を明らかにする「海と日本人に関する意識調査」を実施した。5月24日から6月3日まで、全国47都道府県の15歳から69歳までの男女5800人ずつ、計1万1600人を対象としてインターネットによる聞き取り調査を行い、12日、集計結果を発表した。

「海が好きだ」と回答した人は57%にのぼり、2017年の調査時の52%からわずか5%だが上昇している。同様に、「海にとても親しみを感じる」も43%と2年前の35%から増加した。また、「海は日本人の教育にとって、大切な存在である」は57%と前回の42%から15%も伸びており、海に親しむ活動、海洋教育を推進している日本財団にとっては、「単純にうれしい結果であり、取り組みの成果」(海野光行常務理事)となった。

さて、今回の調査の大きな眼目は、「海に行きたいか、行きたくないか」である。設問では、73%が「行きたい」と答え、年代別でもすべての世代で7割を超えた。一方で、「行きたくない」と回答した人たちは、その理由として、「日焼けが嫌だ」(43%)、「海水や海風で身体がベタベタする」(34%)をあげ、10代では「海でしたいことはない」(32%)、「慣れていない」(30%)が「日焼け」に続いてトップ3に入った。

海野常務理事は10代の傾向について、「情報の不足」「質の高い海体験のなさ」を理由にあげた。確かに、「したいことがない」「慣れていない」という回答からみて取れるのは、「海を知らない」という事実だろう。海が我々の生活にどれほど大きな関わりを持ち、文学作品や楽曲、絵画などにも数多く取り上げられて親しまれているか、海の豊かさ、楽しさを教えていく必要がある。

全体の3分の1、33%が「この1年間で1度も海に行っていない」と答えた。とくに10代では40%が海に行っていない。別の調査によれば、海水浴客はピーク時の5分の1だという。海で遊ぶ楽しさ、海の持つロマンなど、行って感じてもらうにはどうしたらいいか、大きな課題が横たわる。

調査ではこの「行きたい、行きたくない」を具体的な行動、体験を調べている。

「この1年間で海に行っている日数」の設問では、『行きたい派』の80%以上が1日以上、海に接しているに対し、『行きたくない派』は32%にとどまり、68%が年に1日も海に出かけていない。こうした行動を幼児体験で調べてみると、『行きたい派』の63%が「年に2~4日以上」海に行っており、86%が「楽しい海の思い出」を持っていることがわかった。『行きたくない派』では68%が1日以下で、「楽しい思い出がある」と答えたのは13%に過ぎなかった。子どものころの体験が大人になってからの行動の規範になるとは海の問題に限らず、しばしば指摘されることだが、この結果は原体験の大切さを雄弁に物語っている。

こうしたことから『行きたい派』の91%が「子どものうちに海体験がある大切さ」を指摘し、『行きたくない派』でも51%が大切さを認識していることがわかった。ただ、実際に「自分の子に十分な海体験を提供できている」と答えた親は、『行きたい派』でも25%に過ぎず、『行きたくない派』は11%でしかない。逆に「全く提供できていない」は『行きたくない派』で41%にのぼり、『行きたい派』でも11%が提供できていない。

理由としては、「海まで時間がかかる」(『行きたい派』45%、『行きたくない派』39%)が高く、次いで『行きたい派』では40%が「忙しい」と答え、『行きたくない派』では31%が「疲れる、疲れそう」と回答した。また、『行きたくない派』では「必要と思わない」22%、「海に行った経験が少なく、積極的には行かない」19%が特筆される理由だった。総じて、海は遠いという思い込みであり、情報提供の必要性が想起されるほか、『行きたくない派』には心理的な理由が影を落とし、ここでも原体験の重要性とともに、親を含めた「親水体験」活動の大きな意味をもつことがうかがえた。

海での体験としては海水浴、磯遊びや潮干狩り、海釣り、また海の景色を見るなどがあげられるが、総じて年代が下がるとともに減少している。一方で散歩・ジョギングやシュノーケリング、バーベキューなどは10代、20代ほど高く、若い層のマリンレジャー志向がみてとれた。海に親しむ活動を考えるうえでは大きな参考となろう。

あわせて読みたい

「海水浴」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  7. 7

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  8. 8

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  9. 9

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  10. 10

    安易な「独裁」批判に潜む落し穴

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。