記事

森本稀哲氏、伝説の“ピッコロ大魔王”誕生のきっかけは初恋の思い出?


 7月11日に六本木ヒルズアリーナで行われた「マイナビオールスターゲーム2019」(12日・東京ドーム、13日・阪神甲子園球場)の前夜祭に、野球解説者の前田智徳氏(48)、川上憲伸氏(44)、森本稀哲氏(38)が登場した。森本氏は、初出場となった2006年のオールスターで「ドラゴンボール」のピッコロ大魔王の扮装をした際のエピソードを語った。

 球宴の歴史に残る伝説として、今なお語り継がれる森本氏のピッコロ大魔王を模した特殊メイク。当時セ・リーグの先発としてマウンドに立っていたのが川上氏だったこともあり、森本氏は「川上さんは僕がコーチャーズボックスにいるのもお構いなしに真面目に投げていた」と当時のシュールな状況を振り返った。

 さらに森本氏は「たとえばバッター前田、ピッチャー川上なら、お客さんは『ワー!』となりますけど、バッター森本だと『ん?』ってなるじゃないですか」と当時の心境を語り、奇抜なパフォーマンスの師匠でもある新庄剛志氏(47)からも「1発目だからなにかやれ」と指示されていたことを明かした。また、小学生のころに好きな女の子に「ひちょちゃんってピッコロに似てるね。耳が尖ってるから」と言われたことも発想の源泉になったという。

 前田氏、川上氏も思い出し笑いがこらえられない森本氏のパフォーマンス。川上氏によると、森本氏に目もくれなかったのには伏線があったそうで、「新庄さんが1発目の打者で、打ち合わせで頭の上に速球を投げてくれと。それで頭の上に投げたら、新庄さんの仮面ライダーの変身ベルトがグルーンって回ったんですよ」と当時のできごとを回想。しかしベンチに戻った後、セ・リーグの落合博満監督に「ここは遊ぶ場じゃねえんだ。誰が遊んでるんだ?」と注意され、その後は「少しピリっとしはじめたんです。もうピッコロなんか頭の中に入ってない」と語り、会場の爆笑を誘った。

 球界を代表するトリックスターとして鳴らした森本氏だけに、今年のオールスターの着眼点も実にユニーク。注目選手として横浜DeNAの筒香嘉智外野手(27)と西武の源田壮亮内野手(26)をピックアップし、「筒香選手が『裸の大将』、源田選手が『ホラーマン』の仮装で出てくれたら盛り上がるじゃないですか!」とプレーとはまったく関係のない視点から注目ポイントを語っていた。

(C)AbemaTV

▶7/12(金)17:55~ 【プロ野球】マイナビオールスターゲーム2019 第1戦

▶7/13(土)17:25~ 【プロ野球】マイナビオールスターゲーム2019 第2戦

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  7. 7

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  8. 8

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  9. 9

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  10. 10

    安易な「独裁」批判に潜む落し穴

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。