記事

『紀州のドン・ファン殺害事件』にジャーナリスト・吉田隆氏が意味深発言「こんな捜査ない」



 6日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』(野崎幸助著/講談社+α文庫)の“共同著者”を務めたジャーナリストの吉田隆氏が、事件について意味深な発言をする場面があった。

 吉田氏は“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助氏と生前に付き合いがあり、野崎氏が2018年5月24日に“急性覚醒剤中毒”で死亡した事件について、様々な視点を交えながら解説。



 野崎氏が50歳以上年の離れた妻“さっちゃん”と出会った経緯や、“生涯現役”を豪語していた女性関係、事件当日の家宅捜査の様子、さらには最近見つかった“遺書”の信ぴょう性についても語っていく。

 野崎氏を取り巻くさまざまな人物の名前が挙がっていくと、竹山は「(犯人だと)絞っている人は何人いるか?」と真相に迫ろうとするが、吉田氏は「分からないですね、それは」と口を閉ざす。



 しかし、事件の解決については「お盆前に解決しなかったら来年に持ち越しかなと思っている」と推測。「警察はやっぱりすごいですよね」と切り出すと「調べに行く場所が新宿のキャバクラ、六本木のキャバクラ、大阪の新地、札幌のすすきの。こんな捜査ないでしょ、普通」と、全国的に有名な歓楽街の名前を次々と挙げた。

 さらに、「もうちょっとしたら裁判沙汰になることがある」と示唆し、竹山は「どういうことなのか、みなさん各々考えてみてください」と視聴者に投げかける形で番組は終了した。

▶【映像】吉田氏が語る『紀州のドン・ファン殺害事件』、野崎氏の生前の姿も

あわせて読みたい

「紀州のドン・ファン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  7. 7

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  8. 8

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  9. 9

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  10. 10

    安易な「独裁」批判に潜む落し穴

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。