記事

深田恭子、新幹線でビールをグビグビ…三池崇史監督も驚く

 女優の深田恭子が、7月11日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演した。

「ホリプロスカウトキャラバン」出身の深田は、13歳のときに「知り合いに勧められて」応募したと、芸能界入りのきっかけを説明。

 当時、ドラマや映画を観るのは好きだったが、「女優になるってことがどういうことかもわかっていなかった」らしく、むしろ歌手の華原朋美に憧れていたと明かす。

 そんな深田が一躍有名となったのが、15歳で出演したドラマ『神様もう少しだけ』(1998年、フジテレビ系)だ。援助交際が原因でHIV感染してしまう女子高生という、難しい役どころを演じた。

 演技経験が浅かった深田だが、いきなり主演の金城武と1分10秒にわたる濃厚なキスシーンがあったという。

 ここでキスシーンの映像が流れ、司会の坂上忍が「いいの? 15歳で?」と突っ込むと、深田は「ねえ? 本当ですよ。フジテレビさん」と応じ、「あーあーあー」「わーわーわー」「観ないでください」と手をかざして、自分のキスシーンが目に入らないように恥ずかしがった。

 このドラマでは泣くシーンにも苦労したという。ヒロインがHIVに感染したことを知り、クラブで涙を流すという重要な場面でのこと。武内英樹監督がこう振り返る。

「(深田が)全然泣けなくて、1時間くらいずっと、待ってやろうと。手持ちのカメラだったので、周りのスタッフもヘロヘロ。『あなたはエイズで死ぬ気持ちができてない!』って話をして、彼女は自分のできなさに涙した。その瞬間に『回せ』と。これはドキュメンタリーなんです」

 こうした証言に「覚えてますよ~」と漏らした深田は、「だってクラブに行ったこともないのに、踊りながら泣くシーンって普通に考えて難しくないですか?」と当時を振り返っていた。

 番組後半では、セクシーな衣装が話題となった映画『ヤッターマン』(2009年)を監督した三池崇史が、深田の新幹線車内での意外な一面を明かす。

「舞台挨拶に行って、深田さんが大阪で缶ビールを買って乗り込んだ。俺の真ん前に座った瞬間に『プシュ』って。え? すっげえ早いなと。

 席から、缶だけグーっと持ち上がっていてグビグビっと揺れているのが見えた。『ビールはこうやって飲むんじゃい』ってお手本ですよね。女の子も持ち合わせているけど、どこか竹を割ったような男の子っぽいところがある」

 番組の昼間のロケでは、坂上が赤ワインを注文するのと同じく、赤ワインを頼んでいた深田。厳しい女優経験を積んで、いつしか豪快さも身につけたようだ。

あわせて読みたい

「深田恭子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  7. 7

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  8. 8

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  9. 9

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  10. 10

    映画「天気の子」が描く汚い東京

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。