記事

眞子さま ご結婚された場合はアメリカで「自由な生活」も

2/2

 過去には、元女性皇族が海外で暮らした例は複数ある。

 明治初期に設立された梨本宮家の長女である方子(まさこ)さんは、1920年に朝鮮王朝最後の皇太子・李垠(りぎん)殿下のもとへ嫁ぎ、「日鮮の懸け橋」と称された。戦後は病に倒れた夫と共に韓国で暮らし、障害児教育などに力を注ぎ、1989年に亡くなった。韓国では今も「オモニ(お母さん)」と呼ばれ、慕われている存在だ。

 上皇陛下の妹、島津貴子さんは1960年、旧薩摩藩藩主の一族で銀行員だった島津久永さんと結婚した。夫の転勤に伴い、1964年にはアメリカ・ワシントンへ、1975年にはオーストラリア・シドニーへと海外移住された経験がある。

 海外に目を転じれば、外国人と結婚し、王族を離脱した例もある。タイのプミポン前国王の長女・ウボンラット王女は、アメリカ留学中に知り合ったアメリカ人のピーター・ラッド・ジェンセンさんと1972年に結婚し、王族の籍を離れた。結婚後はアメリカに移住したものの、1998年に離婚。その後はタイに戻り、王族としての活動に復帰した。

「建国の歴史が浅く、王室が存在しないアメリカは、ロイヤルファミリーへの憧憬の念が強い。勇み足ですが、小室さんを厚遇しているところからも、それはうかがえます。もし天皇陛下の姪である眞子さまが暮らされるとなれば、アメリカは歓迎するはずです」(前出・皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2019年7月25日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。