記事

イラン船、ホルムズ海峡で英タンカーに接近 外相は通過阻止否定


[ロンドン 11日 ロイター] - 英国は11日、原油輸送の要衝である中東のホルムズ海峡を通過中の英タンカーにイランの船舶3隻が接近し、通過を阻止しようとしたものの、付近を航行していた英軍艦の警告を受け撤退したことを明らかにした。

英海兵隊が今月4日、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアに原油を輸送していた疑いのあるイランの大型石油タンカーを英領ジブラルタル沖で拿捕(だほ)してからちょうど1週間。イランと西側諸国の対立が深まる恐れが懸念される中で発生した今回の事件について、イランのザリフ外相は、イランは英国のタンカーの航行を阻止しようとしていないと否定した。

英政府報道官は声明で「英海軍の艦船『HMSモントローズ』は石油タンカー『ブリティッシュ・ヘリテージ』とイランの船舶との間に割って入り、警告を発した。これを受けイラン船舶は撤退した」とした。

海上保安筋によると、英国はシーレーンの安全確保を目指しているが、この海域を航行するすべての英船舶を護衛する正式な政策は設定していない。HMSモントローズは英船舶の安全確保が必要になった場合に備え、この海域を航行していた。

スカイニュースによると、今回の事件を受け、英政府はすべての英国籍の船舶にホルムズ海峡通過時の警戒レベルを引き上げるよう呼び掛けている。

戦略国際問題研究所(CSIS)の中東プログラム責任者、ジョン・アルターマン氏は「イランは戦争状態に突入することなく、嫌がらせを行ったり妨害したりする機会を探り続ける」との見方を示した。

米中央軍報道官は、船舶の航行に対する脅威には国際的な解決が必要とし、「世界経済は自由な通商に依存しており、すべての国が世界の繁栄に必要不可欠な自由な通商を保全する必要がある」と指摘。米国のダンフォード統合参謀本部議長は9日、ホルムズ海峡とバブエルマンデブ海峡を航行するタンカーの護衛のための「有志連合」に加わる同盟国を、今後2週間程度で決定したいとの考えを示している。[nL4N24B1BG]

リフィニティブの船舶トラッキング情報によると、現在はブリティッシュ・ヘリテージ以外に4隻の英船舶が中東湾岸海域を航行している。ただ英保安筋はこの日、英政府はホルムズ海峡を通過するすべての英商業船舶の護衛はしないと表明。「われわれは湾岸海域で英国の国益を断固として守るが、イランを巡る情勢のエスカレートはまったく望んでいない」と述べた。

同筋によると毎日、通常15─30隻の英船籍の船舶が湾岸海域を航行しており、このうち最大3隻がホルムズ海峡を通過する。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  3. 3

    消費税アップで国民負担は25%増

    毒蝮三太夫

  4. 4

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  5. 5

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  6. 6

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    中韓に抜かれたTV事業 アニメも?

    諌山裕

  9. 9

    山本太郎氏の原点綴る一冊に驚き

    かさこ

  10. 10

    徴用工問題めぐり河野大臣が会見

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。