記事

映画「新聞記者」を見た

昨日は新宿で映画「新聞記者」を見てきました。期待していた以上に迫力ある、よく出来た映画でした。政権に人脈を持つ人物の起こしたレイプ事件とか、医科大学の新設に関する疑惑とか、つい先日に聞いたような話も出てきて、同時代小説というか、一種のドキュメンタリ−を見せられているような感覚がありました。

 新聞記者の使命とはなにか。それは政権から流される情報を、そのまま国民に知らせる広報役だけではない筈です。公式発表では隠されている部分に、むしろ重要な問題が存在しているのかもしれない。それに気づいたら、自分で納得できるまで、事件を深掘りするしかありません。その結果として「特ダネ」を掴んだら、新聞は他社に先駆けて特報記事を出し、販売部数を伸ばすことができます。

 敏腕記者に期待されているのはそういう仕事でしょうが、その底には、自分の成績というよりも、真実そのものを知りたいという強い欲求があり、それが「記者魂」と呼ばれるものなのです。

 しかし現実の記者活動は、さまざまな制約を受けざるをえません。記者の前には、次から次へと障壁が立ちふさがります。抗議の叫びは、世の人に届くでしょうか。

 この映画は、主役を引き受ける日本人の俳優がいなくて、人選に苦労したそうです。こういう映画が作られることを、政権が喜ぶわけがありません。だから私は、今の選挙の投票日までの間にこの映画を見ておくことを、皆さんに強くお薦めします。この映画では聞くことのできなかった「最後の叫び」を、どうか自分の「心の耳」で聞いて下さい。

 映画には、いろいろなことを伝える力があります。このままではいけない。まだ間に合うかもしれない。心ある新聞記者は、今も祈るような気持ちで記事を書いていることでしょう。

あわせて読みたい

「望月衣塑子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  8. 8

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  9. 9

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。