記事

山本太郎が好きすぎて… 自宅外壁をピンク色に塗り替えた支持者の思い



相模原市南区にある2階建ての建物が突如としてピンク色に塗り替えられ、それらの画像や動画がTwitter上に投稿され注目を集めている。鮮やかなピンク色は林家ぺー&パー子夫妻の印象が強いが、建物の名称は「太郎ハウス」。

政治団体「れいわ新選組」を率いて参院選(21日投開票)に臨む参議院議員の山本太郎氏を支援しようと、物流業を営む相模原市南区の男性(47)が塗り替えた。男性は「山本氏は、思いや社会への疑問を行動で示せる数少ない政治家。自分も行動を起こすことで、山本氏を支持する思いを示したかった」と話す。

建物は調剤薬局だったが、現在は倉庫兼自宅として使われ、国立病院機構相模原病院の正面にある。男性が5万円でペンキや刷毛を揃えて、自力で塗り替えたのが6月上旬。同時にTwitterで太郎ハウス 『れいわ新選組』を勝手に応援とのアカウントを開設したところ、画像や動画が拡散されていったという。

建物には、山本氏の公約ポスターも張って、外壁には「#比例はれいわ」「比例は山本太郎」などと応援のメッセージを添えた。山本氏の街頭演説の動画が視聴できるモニターも置くこだわりぶりだ。ピンク色の外壁はインパクトも絶大で、目の前のロータリーでバスを待つ病院利用者や、車のドライバーの注目を集めている。

Getty Images

男性が山本氏をここまで支持するようになったきっけかは何か。アメリカでの生活体験が背景にある。

大学の4年間をアメリカで過ごし、現在も妻と子どもがアメリカにいるため行ったり来たりの生活を続ける。そんな中、日米での政治に対する認識の差に違和感を拭えずにいる。

「アメリカでは、家族や友人と政治の話をすることは当たり前。マイカーに支持する政治家のステッカーを張る人すらいる。ところが、日本は政治の話をすると、どこか煙たがられてしまい、このままでは日本の民主主義は危うい」。

衆議院選挙の候補者の活動をボランティアで支援しに山口県まで出向くなど、これまでも行動を起こしてきた。そうして、追い求めてきた理想の政治家像に当てはまるのが山本氏だった。仕事が多忙で選挙サポートには加われない中、思いついたのが建物の塗装だった。



れいわ新選組は、寄付総額が2億5000万円を超えたほか、山本氏やほかの候補者の動画などが多く視聴されるなど、ネット戦略は上々のようにも見える。だが、男性は危機感を隠さない。

「ネットだけに接していると“れいわ”が圧倒しているように感じてしまうが、ネットは社会の一部分でしかなく、全体像を見失ってはいけない。クリック数に満足しているだけでは、何も変わらない」。

男性の元にはツイートをきっかけに、山本太郎のイラストを描きたいとの申し出が寄せられるなど、好意的なリアクションが少なくない。だが、「今回、塗装を替えるのも、家族や従業員に心無い言葉が寄せられるのではと、怖さもあった。でも、何か身を削って一石を投じないと、日本が変わらないと思った」。



ささやかでありながら、それでも大胆な塗り替えという意思表示。男性は、外壁を目にした人が少しでも山本氏の存在に気に留めてくれること、さらには政治や社会に関心を深めてくれることを願っている。

あわせて読みたい

「山本太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  4. 4

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  5. 5

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  6. 6

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  7. 7

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

  8. 8

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  9. 9

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  10. 10

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。