記事

家を爆撃され逃亡してきた若者がドイツで拘置所に入るハメに。少年犯罪と移民増加の相関関係

1/2

難民受け入れ政策で知られるドイツだが、少年犯罪においては移民の割合が異常に高いという実状があるようだ。それだけ聞くと、「移民は怖い」「移民は暴力的」と思うかもしれないが、若くして自国を離れなければならなかった彼ら一人ひとりにも果たせなかった思いや抱えるジレンマがある。ドイツ北部の都市ハノーファーで発行されているストリート誌『Asphalt』が、若者犯罪をテーマとする連載記事を掲載した。その中から、入所者へのインタビューと若者犯罪における動向を紹介する。

ーー
ドイツ・ブレーメンにある少年拘置所「ハウス4」。 古いレンガ造りの建物に有刺鉄線が張り巡らされ、防音窓には格子がはめられている。

写真:Benjamin Eichler

収容人数45人のこの施設には、現在35人が入所している。入所者の1人、シリア出身のアスアド(19歳)に話を聞いた。

写真:Benjamin Eichler

ー ドイツに来た経緯を教えてください。

戦闘で家が爆撃され、母と私は負傷したんです。それで母は逃げようと決心しました。「まずはお前一人で逃げなさい」と言い、そのために何ヶ月もかけてお金を貯めてくれました。まずはシリアのアレッポから友人を頼ってレバノンに逃げ、トルコのボドルムからギリシャ行きのボートに乗り、2016年にドイツに来ました。今では母、弟、妹もこのブレーマーハーフェン(*)の街で暮らしています。兄はだいぶ遅れてやって来て、ここではなくザールラント州にいます。

*ブレーメン州の港湾都市

ー 密入国業者に払うお金ですか?

そうです。

ー いくらかかったのですか?

総額はわかりませんが、トルコの業者には「ボートスペース代」として1,700ドル(約18万円)を渡しました。

ー 自国を離れるときには、どんなことを思い描いていましたか?

シリアでは家族仲良く暮らしていました。学校に通い、職業訓練を受けるなど、前向きな人生を送っていましたから、拘留される日が来るなんて思ってもみませんでした。でも、いざこの街に来てみたら、何もやることがなく、お金も仕事もなかった。次第に悪い連中とつるむようになり、今ここに入ってるというわけです。母のアドバイスどおり、ドイツでも何かトレーニングを受けるべきでした...でも、できなかったんです。

ー どんな職業につきたいですか?

シリアにいるときから美容師に憧れています。確かな技術があって、人と関わりあいながら、女の子との話し方もうまくなるかもしれない(笑)。でもその夢も遠ざかってしまいました...。

ー 少年拘置所に入ったのはいつですか? その理由も教えてください。

4月からなので6ヶ月になります。きっかけは、あるブルガリア人と口論になったことです。薬物取引かなんかが原因でした。そしたら後日、僕がひとりでいるときに、複数のブルガリア人たちがナイフや割れた瓶を持って襲い、切りつけてきたんです。悔しくて腹が立ち...仲間と一緒に復讐してやろうと火炎瓶を投げつけました。ですから「放火罪」です。

ー お母さんは何と?

(涙声で)今は母のことが一番心配です。大丈夫だよ、と言ってくれてはいますが。

ー 拘置所に収容された日はどんな気持ちでしたか?

何と言ったらいいか…とにかく人生がめちゃめちゃになったと感じ、虚しさに襲われました。でもしばらくすると、掃除や食事の盛り付けなど簡単な仕事を割り当てられるようになりました。スタッフの人たちが僕を信頼してくれているので、頑張れています。日中は独房から自由に出入りできますが、夜間は施錠されるので、自由が奪われたようでとても悲しくなります。

写真:Benjamin Eichler

もう薬物には手を出していません。ここでは定期的に尿検査がありますから。ここでは考える時間がたくさんあり、今では別の道を選べたんじゃないかと思っています。人生を変えたいです。どんなときでも「別のやり方」があるはず。それがわかっていませんでした。ここにいると、より良い人間 になりたいと思いますし、それには薬物は無用です。

あわせて読みたい

「少年犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  10. 10

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。