記事

国が苦しくなると・・・

どこの国でも、国が苦境に立つと現れるのがポピュリズム。

もっとも典型的なのは、第一次大戦後のドイツ。ちょっと前のイタリア、ベネズエラ、ギリシャもそう。アメリカもやはりポピュリズムが理性を制している状況だろう。

さて、我が日本はどうか?

 Right Wing では、アベノミクスの名の下にバラマキ政策を続ける安倍政権。全方位にいい顔をしているその姿勢は、やはりその範疇。

Left Wingでは、立憲民主党、国民民主党などの既存政党の枠を超えて、MMTを錦の御旗に突き抜けたポピュリズムを提唱するれいわ新撰組。

左右両極端が突出し始めるのは決して良い方向ではない。第一次大戦後のドイツが、なぜあの方向に進んでしまったのか。熱狂を呼ぶ演説が正しい方向とは思えない。理性と真実は、静かな共感を呼びこそすれ、熱狂とはほど遠いものだからだ。

そして、周辺を囲む政党は、タレントやコスプレ。

残念というしかない。

ポピュリズム、人気取り優先はもう沢山。そして、現状を打破するのはそう難しいことではない。

日本の政治的不幸を解消する、①既得権益Flee、②未来への負担先送りは止める、③党議拘束なし、それを支える自分で判断できる議員集団、④支出あるところに財源あり、といった原則を持つ責任感ある政党が立ち上がりさえすればいい。今度の参議院選挙では実現しなかったが、その未来を夢に抱いている国民は多いのではないか。

あわせて読みたい

「ポピュリズム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  4. 4

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  5. 5

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  6. 6

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  7. 7

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  8. 8

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  9. 9

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  10. 10

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。