記事

候補者への暴行断じて許せぬ

長官とともに演説→商店街練り歩き→演説を繰り返しましたが、

練り歩きの際、私が暴行を受けました。

近寄る人がいたので握手を求めてきたのかと思い、手を差し出したところ、私の胸の上部をかなりの勢いで2度小突かれました。

手を差し出した私に対し、胸を小突いた人物は、びっくりする私に対してニヤリとし、その後ジャンプするように私の胸をさらに強く小突きました。

立ち去る人物をスタッフが追いかけましたが、取り逃がしてしまいました。

外傷はありませんでしたが、胸に違和感が残っています。

警察に相談をいたしました。

被害届を出す予定ですが、警察も独自に捜査をしているようです。

今回のような候補者に対する暴行は、民主主義で最も重要な選挙に対する挑戦であり、絶対に許してはなりません。

右でも左でも、意見や政策を演説や言論によって戦わせるべきであり、気に食わない意見に対し暴行を加えるということはあってはなりません。

私はメンタルが強いので大丈夫ですが、メンタルがそんなに強くない候補者であれば、このような暴行に衝撃を受け、活動のペースが鈍ってしまう可能性もあります。

選挙妨害であるとともに民主主義への挑戦であり、断固戦ってまいります。

こうしたことが起こらない社会にしていかなくてはなりません。


あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。