記事

在日米軍の撤退の可能性は?「頭の体操はしておいたほうがいい」元自衛隊幹部OBが指摘


 先月、大阪で開催されたG20で、アメリカのトランプ大統領が「日本が敵から攻撃を受けたら、アメリカが全力で応戦しなければならない。日本のために戦う義務がある。しかし、アメリカが攻撃を受けても日本には戦う義務がない。それが不公平だ」と不満を漏らした。

 在日米軍が撤退するということがありえるのだろうか。9日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、東洋学園大学非常勤講師の織田邦男氏(元航空自衛隊空将)と、金沢工業大学虎ノ門大学院教授の伊藤俊幸氏(元海上自衛隊海将)に話を聞いた。


 まず、トランプ大統領の発言について織田氏は「アメリカの有識者のほとんどはいわゆる"パクス・アメリカーナ"、アメリカが主導する世界秩序を作るためには日本が欠かせないこと、日米安保が非対称なものだということが分かっている。ただ、トランプさんがああいうことを言ってしまうと、やはり全く知識のないアメリカ国民は"そうなのか"と思ってしまうだろう。それがボディブローのように効いてくるので、これからきつくなってくるのではないか」と話す。

 伊藤氏も「関係者の間に衝撃は全くない。今回の発言は貿易赤字が大きいという問題についてのものなので、貿易摩擦の"バーター"ということを冷静に見る必要があると思う。FOXニュースの中での発言ということもあり、本当に安全保障上云々というよりも、アメリカ国民向けのものだ」と指摘。

その上で「私もワシントンに3年いたが、トランプ氏の発言は普通のアメリカ人の感覚だ。"何で僕が守ってあげるのに、あなたは守ってくれないの"という、それが"友だち"ということだと。ただ、条約というのは国家と国家が約束し、サインしたもの。トランプ大統領1人が言ったからといって変わることではないし、"基地を貸す代わりに日本は守ってね"という約束がウィンウィンだからアメリカも条約を結んだのであって、織田さんがおっしゃったように、知識のある人は"今のままでいい"と言うはずだ」とした。
 

 2017年9月30日時点で在日米軍の数は4万4545人(米国国防総省発表)、一方、2018年3月31日時点で自衛隊は陸上が13万8126人、海上が4万2289人、航空が4万2785人などとなっており、合計で22万6789となっている(防衛白書)。この自衛官の人数はアメリカ軍ありきの人数なのだろうか。

 伊藤氏は「基本的には"抑止力"だ。平時と有事の議論がごちゃごちゃになってしまうが、平時においてはこのパッケージがあるから、そう簡単に日本に手を出せない。そして有事、具体的にどこで戦争が起きるか、それは有り体に言うと尖閣だ。尖閣に来たものを海上自衛隊と航空自衛隊で海の上で排除する。その間にアメリカ軍が向こうの基地を叩いて戦争が終わるというストーリーだと思う。だから小規模なものだ。

冷戦中は北海道が攻められた場合どう戦うかでアメリカが構えていた。今や中国と戦おうとしてもせいぜい尖閣だ。あるいは北朝鮮から来たとしてもミサイルで、撃ち落せばいいだけの話だ。このように、有事も何でもかんでもというのではなく、有事と平時を切り分けた上で、有事では何が起きそうかを冷静に議論すべきだと思う」とコメント。
 

 織田氏は「日米同盟は、まさに伊藤さんの言うように抑止力だ。日本列島周辺を守るのは航空自衛隊だけで完結するようになっている。ただ、日本は核も持っていない、攻撃力も持っていないので、日本単独ではシーレーンが守れない。だからアメリカの支えがなくて国防が成り立たないというのはその通り。中国に対しても、量的にもバランスが取れていない。やはり平和を保つには、日米でスクラムを組まなければいけないし、アメリカが本当にいなくなった場合、そこに"力の空白"ができる。そうすると抑止力が下がり、情勢が不安定になる。だからトランプさんの発言は安全保障上あまりよくないし、一番喜ぶのは中国だ」と指摘。

 「それでも、米軍撤退の可能性はあり得ると思う。冷戦が終わった1989年に出た『ペンタゴンペーパーズ2025』という文書では、2015年までに在韓米軍が撤退し、2025年までに在日米軍が撤退すると言っていた。30年経って、時期の違いはあるが、まさに在韓米軍撤退は話題に上ってきている。そして、文書では日本が取り得るべき選択肢を3つ挙げている。

すなわち1番目は、より強固な日米同盟にするために日本が努力すること。2番目は核武装すること。3番目は中国の属国になることだ。何も努力しなければ中国の属国になるかもしれないし、核武装は難しい。やはり、より強固な日米関係を結ぶよう、日本の防衛力を上げなければいけない。そのためにはある程度の役割分担も必要だ。

トランプの次に誰が大統領になるかは分からないが、在日米軍撤退も真実味を帯びてくる。我々はそれをのほほんと見ているのではなく、"頭の体操"くらいはしておいた方が良いのではと思う」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

あわせて読みたい

「在日米軍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  3. 3

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    スタバのモバイル注文は「残念」

    内藤忍

  5. 5

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  7. 7

    GSOMIA騒動 隠れて不買続く韓国

    NEWSポストセブン

  8. 8

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  9. 9

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  10. 10

    「芸能人逮捕は陰謀」真剣に検証

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。