記事

イラン、核合意存続に向けたフランスの取り組みを歓迎


[ドバイ 10日 ロイター] - イラン外務省報道官は10日、2015年のイラン核合意を存続させようとするフランスの取り組みを歓迎すると表明した。フランスは、イラン核問題を巡る危機打開に向け、大統領外交顧問のエマニュエル・ボヌ氏をイランに派遣した。

イランは8日、ウランの濃縮度を合意で規定する上限を超えて20%にまで高め、遠心分離機の稼動数も増やす可能性があると警告した。

国営イラン通信は、外務省のムサビ報道官は「緊張緩和と合意実行におけるフランスの役割に歓迎の意を示した」と報道。

報道官は、ボヌ氏の訪問中、「核合意の存続に向けてフランスも取り組んでいる」と述べたという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。