記事

世界中で猫を売るのは楽じゃない。~サンリオEU競争法違反報道に接して

1/2

「ハローキティ」といえば、説明不要の「日本史上最強キャラクター」である。

中国、韓国の有名ブランドのショップはあっても、「日本」ブランドは、小売店にしても飲食店にしても、影も形もない、という国は世界中に数多あるのだが*1、そんな国でも、トヨタの自動車とキティのグッズだけは必ず街中のどこかで見かける、といっても過言ではない*2

いい歳になっても未だにふらりと思い立って個人旅行に出る者にしてみれば、香港、台湾や東南アジアはもちろん、中央アジアとか、「絶対いないだろう」と思うような西アフリカの先端でも見慣れた猫に偶然遭遇する(正規品かどうかは関知するところではないが・・・)、というのは結構嬉しいエピソードなわけで、日本国内にいる時は決して関心を示さないキャラクターの写真を思わず取りまくってしまったりもする。

自分もかつて少し経験したことがあるのだが、「ライセンスビジネス」、特にキャラクターのライセンスビジネス、というのは契約一本でお金がもらえる簡単な商売のように見えてかなり奥が深い。

デザインにしても使用する物品にしても、元々キャラクターが備えている世界観との関係でどこまでが許容されるか、という話は必ず出てくるし、文字情報を付加するときは、その中身も含めてきちんとチェックする、というのが原則だったりする。

細かいところはある程度ライセンシーに委ねるとしても、その前提となる信頼関係の存在は当然不可欠だし、契約にも相当細かくいろんなことを書きこんでおかないと、ちょっとした紛争はすぐ湧いて出る。

国内でもそうなのだから、海外になると、当然もっとハードルは高くなるわけで、引き合いがあって渋々ライセンスに応じる場合でも、使用言語から販売地域まで事細かに制限をかけることになるし、それでもライセンシーの信用リスクだのなんだの、ということで契約に至らないケースがほとんどだったから*3、いかにそれが本業とはいえ、「キティ」の海外ライセンスをあそこまで華やかにやっている、というのはすごいものだな*4、といつも感心してみていたものだった。

だが、そんな中、今朝の朝刊に掲載された記事がある。

「欧州連合(EU)の欧州委員会は9日、EUの競争法に違反したとして「ハローキティ」製品などを手掛けるサンリオに620万ユーロ(約7億5千万円)の制裁金を科すと発表した。販売事業者にライセンス商品をEU内の他の国で売るのを禁じていたことが競争法違反にあたるという。」(日本経済新聞2019年7月10日付朝刊・第12面)

欧州委員会のプレスリリースはこちら。
europa.eu

この案件は既に2年前に、欧州委員会がナイキやユニバーサルスタジオとともに調査を開始した、というリリースを公表しており*5、このうち、ナイキに対しては、本年3月25日に1,250万ユーロの制裁金を課す旨のリリースも既に出されていた*6

お馴染みのVestager委員の名前でわざわざ商品名を列挙しながら以下のようにコメントされているとおり、「EU単一市場」というのは、彼女(彼)らがもっとも重視している価値の一つで、今やデジタル取引の世界にもがっつりと影響力を発揮している思想だ、というのが自分の認識。

"Today's decision confirms that traders who sell licensed products cannot be prevented from selling products in a different country. This leads to less choice and potentially higher prices for consumers and is against EU antitrust rules. Consumers, whether they are buying a Hello Kitty mug or a Chococat toy, can now take full advantage of one of the main benefits of the Single Market: the ability to shop around Europe for the best deals."(強調筆者)

それゆえ、リリースの中で列挙されている、

ライセンシーに対する直接的な地域外販売規制(a number of direct measures restricting out-of-territory sales by licensees)
(例として、clauses explicitly prohibiting these sales, obligations to refer orders for out-of-territory sales to Sanrio and limitations to the languages used on the merchandising products.)

はもちろんのこと、

ライセンシーに対する間接的な地域外販売制限遵守奨励策 (indirect way to encourage compliance with the out-of-territory restrictions)
(これらには、carrying out audits and the non-renewal of contracts if licensees did not respect the out-of-territory restrictionsも含まれる、とされている)

という点も含めて、明確にNGを突きつけてきた、というのは建前としてはよく分かる。

あわせて読みたい

「サンリオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  3. 3

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  8. 8

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  9. 9

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  10. 10

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。