記事

秩序の弱体化?

今日の横浜北部は曇り空中心でしたが奇跡的に雨は降りませんでした。

さて、秩序の話として、私が最近気になっているアメリカの国力低下について

米軍が主に台湾海峡の通過を通じて北京に対して行っている「航行の自由作戦」というものがあります。

これは中国が領有権を主張する人工的に埋め立てした南シナ海近くで、それを拒否するという意思表示の目的のために、米国側が海軍の艦船などをあえて航行させる作戦のことです。

最近はフランスカナダの艦船が台湾海峡を通過して話題になりました。

ところが番組でも述べましたが、気になるのがこの「航行の自由作戦」が、トランプ政権に入ってから、その反中的な態度とは裏腹にその絶対的な実行回数が減っているという事実であります。

これはエコノミスト誌のこの記事に詳しいわけですが、実際の作戦が行われた回数が最多だったのは2016年のオバマ政権最後の年の12回であり、トランプ政権になってからは二年半でようやく合計12回に達したほど。

つまりトランプ政権は、航行の自由作戦に関してはまったくやる気がない、ということになります

同誌はこの回数低下の原因として、

①第七艦隊がスキャンダルや北朝鮮案件などで忙して手が回らない

②中国軍が2016年から同地域でアグレッシブになっている

という2つの原因を挙げております。

これはまったく正しいとは思うのですが、私の見立てはやや悲観的です。

なぜなら、アメリカの国力が(相対的ではありますが)やはり落ちている、と考えているからです。

トランプ大統領の個人の言動、そして今回のイランの件についてもわかるように、トランプ自身にはこれまでの「秩序」を守ろうという気はさらさらないように見受けられます。

そうなると、引きこもりとは言えないまでも、少なくともその内向志向というのはありえるわけで、今の秩序を意識して維持しようという気持ちが政権からは感じられない、となるわけです。

そうなると問題は、

ではこの秩序はどうなってしまうのか?

ということになりますね。

ここまで書いて時間切れです。続きはまた明日。

(バスの車内)

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。