記事

所沢中2刺殺事件 被害者の実名報道は妥当だったのか

実名報道がもたらす影響は大きい(写真はイメージ)

スマホのなかにはまた別の言論空間が存在する

 ネット社会の到来によって、情報の持つ意味、価値は変化している。コラムニストのオバタカズユキが、はからずも起きた痛ましい事件について考察した。

 * * *
 7月5日、埼玉県所沢市で、中学2年生の男子生徒が同級生に刃物で刺されて亡くなる、という事件がおきた。報道によれば、加害者宅で期末テストの勉強を一緒にする予定が、「教科書のことで喧嘩になった」とのこと。〈県警は、これまでのところ学校内で2人のトラブルなどは確認していないとしている〉とも報じられた。

 中学生が同級生を殺めてしまう事件は、これまでも幾度となく発生している。ありふれた事件とまでは言わなくとも、前代未聞の異常な事件というほどのものではない。報道に対するネット上の反応も、わりと落ち着いた感じだった。

 ただし、この事件には当初から引っ掛かりを覚える点もあった。事件そのものの内容ではなく、事件報道の仕方に疑問を感じたのである。ここでは「△△△△」という伏字を用いるが、殺人の疑いで送検された14歳は少年法に守られ匿名扱いだったものの、殺された被害者の13歳のほうは実名報道だったのである。

 被害者なのだから実名でも問題はないか。いや、そうは一概に言えないだろう。この事件の場合、「教科書のことで喧嘩になった」ことから刃物沙汰になってしまったようだが、そこには二人の中2生同士の間になんらか問題のある関係性が存在したに違いない。どんな関係性だったにせよ、殺人が許されないのは当然だとしても、そこに至るまでの過程で一方的に加害者が悪く、被害者には何の問題もなかったということは考えにくい。

 一般論として、というか、常識的に考えて、喧嘩には双方の言い分があり、どちらにも非があって当然なのだ。だとしたら、被害者の実名を明かすのは危険ではないか、と、一報に接してまず思った。

 そして、それから3日後の7月8日、以下のような報道が多くの媒体で流れた。

〈殺人未遂容疑で逮捕された同級生の少年(14)=殺人容疑で送検=が「以前教科書を隠され、問い詰めたが否定されたのでけんかになった」という趣旨の供述をし、△△さん(記事中は実名)とのトラブルについて学校に相談もしていたことが、捜査関係者や市教育委員会への取材でわかった〉(朝日新聞デジタル)

 まずい流れである。被害者が加害者にいやがらせをしていた、加害者はそれに悩み学校にも相談していた、と読める報道内容だ。つまり、殺されたほうにも問題があった。そのこと自体、別段、不思議ではない。だが、その彼はすでに実名報道されている。匿名の加害者よりも個人情報が詳細に明かされており、赤の他人である読者の好奇心やもろもろの感情を喚起しやすい。

 案の定、この二段階目の報道を受け、ネット上での反応の風向きが変わった。例えば、以下のようなツイッターの書き込みが急増した。

〈△△△△って奴が逮捕された少年をいじめてたらしい。いじめてたなら刺されて死んでも文句いえないね。てことでざまぁ〉

〈所沢の中学生刺殺事件だけど、どうやら被害者はイジメっ子だったみたいだのう。 殺しちゃった方の罪は罪で変わらないけど、圧倒的被害者面してた被害者の両親には巨大なブーメランだな。 イジメはするだけで殺人未遂と同等だからな〉

 この段階で、「いじめ」の存在についての報道はされていない。それでも、その「匂い」を嗅ぎつけた者は、勝手に想像力を膨らまし、というか、イメージを先走らせ、事件を単純化し、かつ、刺激的なほうへと物語っていく。この事件では被害者の写真も公開されたため、次のような言葉も飛び交ってしまっていた。

〈△△△△ いかにもいじめっ子な感じ。 刺し殺されるくらいだからよっぽどな事してたんだろな〉
〈この刺された△△△△、写真見る限りじゃ発達に見えなくもないな〉

 後者のほうの「発達」は、「発達障害者」の略である。何を根拠にそのような類推し、ためらいなく差別的なもの言いをするのか。読み返すに気分が悪くなるが、この手の差別的な野次は、ネット界では珍しくない。と、わざわざ言い添えるのも野暮なほどありふれた書き込みだ。

 もちろん、もっと冷静でまともな書き込みもある。

〈所沢の中学2年生の事件……被害者の顔をバカにするような内容やいじめたのなら殺されても仕方がないというツイートみてなんだか悲しくなった。命を軽視する人がたくさんいるんだなぁと〉(誤字、筆者修正)

 ほんとうに悲しくなるよねえ、と思う。人の命が失われた悲しい事件に、無慈悲どころか悪意丸出しの言葉を投げつけて、場を殺伐とさせる連中。連中は、無責任な野次馬を気取って何かの憂さを晴らしているのだろうか。それとも反射的に感じたことを言葉にして世間に流すのが言論の自由だとでも勘違いしているのだろうか。

 どちらにしても困ったものだ。だが、しかし、こういう困った反応がネット上で起きることは、十分に予想できた。前記したように、二人の間に何らかの問題ぶくみの関係性があると最初から分かっていたのだから、のちに被害者の「非」も明らかにされる可能性は大だったのである。

 ゆえに、この事件の場合は、たとえ被害者でも匿名報道とすべきだったのだ。ネット上での殺伐とした言葉を被害者家族が目にしたらどんなにか辛いだろう。亡くなった中2生にしても、こんなふうにネットにさらされては成仏できないだろう。

 なぜ報道機関は、被害者の実名報道にこだわるのか。去年の6月4日に朝日新聞デジタルが配信した「被害者の実名、報じる意義は」という記事にこうある。

〈原因究明や責任追及も重要だが、究極の目的は安全・安心な社会の実現。同様の事件を二度と起こさないという再発防止のためだ。読者に、当事者の具体的な人物像を思い浮かべ、事件に向き合ってもらう。社会が抱える問題と自分の家族を重ね合わせる。自分の子がこんな目に遭ったら、という思いが再発防止策を考えるきっかけになり、ひいては世の中の安全・安心につながる〉

 そうだろうか。なんか自己弁護の詭弁ぽくないか?

〈人物像を思い描くためには「Aさん」ではなく、実名が必要だ。事件によっては顔写真や詳しい人物紹介も必要だ。それで読者が共感して問題意識が醸成され、危機意識を共有する。実名には社会や行政組織を動かす力がある。実名報道は社会のために必要だということを今後も強く訴えていきたい〉

 実名や顔写真などは、たしかに読者の感情を動かす道具になる。が、それが「共感」であるとは限らない。今回の事件のように、被害者を二次被害にあわすような言葉の暴力を引き出す材料になる可能性もある。

 同じものを書く者として、なるべく実名を使いたい気持ちはわかる。やはり、匿名よりも具体的な名前のほうがリアリティ、説得力のある文章を書けるからだ。

 ただし、実名を使う場合は、性悪説に立ってそのリスクをシビアに検討しなければならない。読者の中には善人もいれば悪人もいる。ならば、報ずる対象者が悪人からの被害をできるだけ受けないためにどう書くか、という基準で判断すべきなのだ。現行の報道機関は、あまりに性善説に寄っており、それは無責任な態度であると思えてならない。

あわせて読みたい

「殺人事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  2. 2

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  3. 3

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  4. 4

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  5. 5

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  6. 6

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    ユニクロと無印良品の決定的違い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GSOMIA破棄 画策したのは中国か

    文春オンライン

  10. 10

    民主主義を取り戻せ 若者の挑戦

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。