記事

アパホテル社長「顔出し広告は史上最低」と言われるも効果絶大

 アパホテル社長の元谷芙美子氏が、7月7日放送の『マルコポロリ』(関西テレビ)に出演した。

 アパホテルといえば、派手な服装に帽子をかぶった元谷社長自身の広告や看板が有名だが、番組で出演した経緯をこう話す。 

「企業のトップとして責任の所在を明確にするため。海外の立派な会社はみんなそうなんです。社長自らがみんな広告塔になる」

 さらに「やはり顔の見えない会社っていうのはお客様も何か不安。『私が社長です』と前面切って出れば、必ず信頼を得られるという確信がありました」と振り返る。

 元谷氏が広告に出た当初は「変な顔を出すな」「社長の顔が目障りだ」といった電話や、投書が相次いだらしいが、これに対しては、無料の宿泊券を配ったという。

 元谷氏は「1回アパに来ていただければ必ずわかっていただけて、うちのファンになってもらえる自信がありました」とその理由を語る。

 広告のバッシングが相次いだ点については「(たとえば)太平洋の真ん中で無風でいたら遭難してしまいますよね。逆風でも、風が吹けば吹くほど、操舵術で自分で運転して前に進むことができる。アゲインスト(反対)の風をいっぱいいただけたことで元気になりました。

『ダメだ』と言ってもらえれば、そこから立ち上がれる。一番悲しいのは、『そんな広告あったかな? 知らんなあ』と何も評価されず、無視されること。注目していただけたことで『これで会社は立派になる』と思いました」と明かす。

 広告の効果は抜群で、アパホテルの知名度や売上アップに貢献。一方で、当時、母親が広告に出ることをまったく知らなかった大学生の息子は、こんな出来事に遭遇してしたそうだ。元谷氏がこう明かす。

「広告代理店のえらい方が経済学の授業にいらして。私の(顔が写った)日経新聞の一面の広告をパンパンパン! っと叩き、『こういう広告は史上最低の広告で、われわれ広告業界として本当に恥ずかしい』と(言われた)」

 CMや看板で一躍有名となり、空港で修学旅行の学生たちからせがまれれは、出発ギリギリまで記念写真に応じていたという元谷氏。広告が元谷氏の会社と人生を大きく変えてくれたようだ。

あわせて読みたい

「アパホテル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  7. 7

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。