記事

国会議員おいしい「年収7千万円」の記事は、誰にとっておいしいか?!

私は、はっきり言って東京新聞のファンだ。原発に対する姿勢、官僚に対する姿勢、難しいことをきちんと取り上げる姿勢、すばらしいと思っている。それだけに、今朝の一面の「政治家の懐」という連載記事には失望した。

この記事は、国会議員の総収入を解説したもので、これ自体はきわめて重要な情報だと思う。しかし、解説の視点が間違っている。

記事では、文書通信交通滞在費年間1200万円(年間)や秘書給与約2500万円(年間)について、実質的に収入のように解説しています。文書通信交通費については、「使途公表の必要はないから、議員は給与の一部のように使っている」とし、秘書給与については、「議員の懐に入るわけではないが、本来なら議員が払う経費なので実質的な収入だ」としているのです。

皆さんは、この解説をどのように考えますか。少し考えてみて下さい。そのとおりだと思いますか?それとも…。

私は、次のような質問状を発送しました。

●●公開質問状引用開始●●
公開質問状

2012年5月14日

〒100-8506

東京都千代田区内幸町2丁目1番4号

中日新聞東京本社代表者 小出宣昭 殿

(FAX 03-3595-6935)



東京共同法律事務所

弁護士・NPJ編集長 日隅一雄



冠省 当職は、「News for thePeople in Japan」というインターネットサイトの編集長を務めている弁護士です。同サイトでは情報を発信するだけでなく、表現の自由、メディアリテラシーについて検討し、その結果を発表するという活動も行っています。一個人としては、貴社が発行する「東京新聞」の論調に共感する読者です。

しかし、5月14日付け一面トップの記事を拝読し、あまりに民主主義を軽視されていることに驚き、質問させていただくこととしました。

この記事は、国会議員の年収について解説しているもので、その意図自体は重要だと考えます。歳費が諸外国に比較して高い点を指摘されたことは共感します。

しかし、文書通信交通滞在費年間1200万円(年間)や秘書給与約2500万円(年間)について、実質的に収入のように考えることは間違っています。なぜなら、それらは実費であり、国会議員としての活動を行う上で、必要な経費に過ぎないからです。

もし、これらを「本来なら議員が払う経費」という位置づけをするなら、年間約3700万円の支払いができない者は国会議員になれないことになります。すなわち、貴社の主張によりますと、貧乏な者には実質的な被選挙権がないことになります。

秘書や交通費なしに、国会議員としての活動が行えるでしょうか。議員一人で事務所に閉じこもったままでは、様々な立法活動を行うことはできません。

貴社が歳費で比較している米国では、下院議員一人あたり約20人の秘書(委員会スタッフ含む)の給与を税金でまかなっています。秘書の給与などは民主主義を支える最低限の経費なのです。

日本では、官僚主導の立法が続きました。その原因の一つに、国会議員の政策立案能力の不足があります。そして、その原因の一つとして、秘書の数が少ないことが挙げられます。立法の調査・研究に関わる秘書の数が足りないために、官僚に対抗できないのです。

今回の記事は、官僚を喜ばせるだけだと思います。

連載記事のようですので、今後の記事においては、民主主義を実現するために必要な経費と議員の純粋な収入を分けて検討されるようお願いします。

歳費を減らし、かつ、実費についてどのようなものがどの程度必要かを諸外国の例なども参考にしつつ、検討することは必要だと私も考えております。

以上の点について、今月末日までに貴社の考え方をご回答いただければ幸いです。

なお、本書面は、News for the Peple in Japan(http://www.news-pj.net/)及び当職が運営しているブログ「情報流通促進計画」(http://yamebun.weblogs.jp/my-blog/)にて、公開させていただくととともに、ご回答の状況についても掲載させていただきます。

不一
●●引用終了●●

さて、この記事を一番喜んでいるのは誰でしょうか…。

もし、同様の感想を持たれたなら、東京新聞にあなたの感想を伝えてほしい。

あわせて読みたい

「東京新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  3. 3

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  4. 4

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  5. 5

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  6. 6

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

  7. 7

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  8. 8

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  9. 9

    台風19号を政争の具にする愚かさ

    自由人

  10. 10

    立民 与党から予算委開会の要求

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。