記事

「羽ばたこうとする3人が楽しそうで」満島真之介、“新しい地図”に感銘 映画出演が独立のきっかけに


 7日に放送されたAbemaTV『7.2 新しい別の窓 #16』に、俳優の満島真之介が出演。事務所を退社し、独立した経緯を語った。

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人とゲストが“部屋着”でトークを繰り広げる「パジャマトーク」企画に登場した満島。香取から「『クソ野郎と美しき世界』っていう3人の映画に出てくれた。髪も(横を)剃っちゃってね。勢い余って自分でやったんでしょ?」と聞かれると、「稲垣さんの回で監督が園子温さんだったんですけど、園監督の助監督やってたんですよ、僕」と明かす。

 元々、“出演側”に興味はなくドキュメンタリーを撮りたかったという満島。『クソ野郎と美しき世界』の役が決まった時は園監督に連絡したそうで、「『髪とか勝手にやっていいですか』と連絡したら『勝手にやって』と言われて。事務所に何も言わずに剃って真緑に染めて、眉毛も全部落とした」と説明すると、スタジオからは驚きの声があがる。


 また、満島は稲垣・草なぎ・香取が「新しい地図」として活動を始めたことに感銘を受けていたといい、「僕もちょうど6月から独立しました。このお三方が映画を作るっていって、たくさんの監督や役者たちが集まって、僕が一番感化されちゃった。(3人が)楽しそうにやっているし、これから未来に羽ばたくみたいに『新しい地図』を立ち上げたと。『この地図に載る国になりたい』って思った。前から何か湧き上がるものはあったんですけど、きっかけをくれて、あの映画は3人より張り切ってました(笑)」と明かした。

 さらに、満島がその勢いのまま「あれは僕の映画だったんですよね!」と続けると、「リアルクソ野郎ですね」「違うよ3人の映画だよ」とツッコミを入れられていた。
 

【動画】「パジャマトーク」の模様は1週間無料で見逃し視聴が可能

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  2. 2

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  3. 3

    N国代表の崎陽軒謝罪 見事な戦略

    かさこ

  4. 4

    N国「ひとり放送局」詐欺行為か

    文春オンライン

  5. 5

    ネガティブ禁止 仕事増えるSNS術

    倉持由香

  6. 6

    韓国人識者 日本経済に勝てない

    NEWSポストセブン

  7. 7

    別荘5億円 外国人が激増する町

    BLOGOS編集部

  8. 8

    中国より挑発的な韓国の軍事行動

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    新生銀行 売出価格は1株1387円

    ロイター

  10. 10

    N国「カッコイイ」で支持得たか

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。