記事

ロンブー田村淳「番組降ろされたから」政治ツイートやめる

 7月6日放送の『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(文化放送)で、田村淳が、政治的発言をツイッターで行わなくなった理由を明かした。

 ゲストのパックンマックンのパックンことパトリック・ハーランは、「欧米ではコントや漫才で芸人が政治ネタを扱うことがわりと普通なんです」とコメント。

 その話に田村は「日本は政治的なことを語ったら、もうそれは危ない人、みたいになっちゃうから」と返した。そして「俺はもう、ツイッターで政治のことをつぶやくのやめたんだよね」と切り出す。

 田村は「俺、竹島問題をつぶやいたんですよ。『国際司法裁判所で争いましょうよ』って書いたら、それ、ダメらしくって。決まってたレギュラー番組、降ろされた」と告白。

 田村は「そうやって圧力かけてくるから、お笑いタレントが言いづらくなってるよね」と政治的発言が難しい現状を嘆いた。

 田村は2012年8月15日のツイッターで「竹島問題で憤りを感じますが、この思いをどこに表現すれば良いのか分からないのが現状です」と書いた一般ユーザーのコメントに「僕らは、声を荒げるのでは無く、声を上げ続けるしかない!だって日本古来の領土ですから!」と返信。

 以降、ツイッターで竹島問題についてユーザーとやり取りをおこない、同年8月20日に「Twitter上で、竹島の事を議論してもこれ以上は前に進みません! なので、お互いの国の政府の方に委ねましょう」と投稿。

「何を言われても『竹島は日本固有の領土』『国際司法裁判所に共同提訴しましょう』という意見は変わりません!なので竹島に関する挑発ツイートは、全てスルーします!」と宣言していた。

 芸人の投稿をめぐっては、ウーマンラッシュアワー・村本大輔が7日3日、ツイッターで「大麻合法化しようぜ」との発言が原因で、予定されていたテレビ出演がキャンセルになったことを明かしている。

 日本においては、タレントが政治的発言をおこなうにはまだまだ慎重な議論が必要なようだ。

あわせて読みたい

「田村淳」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。