記事

秩序をつくるのは誰?

今日の横浜北部は梅雨空でしたがなんとか傘はいりませんでした。

さて、帝国主義と秩序の関係について少し。

近年において議論されている「リベラル秩序」という概念ですが、私はいくつか読んだ中で、パトリック・ポーターというイギリスの学者の言っていることが、かなり極端ながら参考になると思いました。

ちなみに一瞬ですが、彼は私の母校の教員もしていた人物です。

この彼の議論のエッセンスだけまとめると、

リベラルな国際秩序という言葉はそもそも矛盾しており、危険だ

ということです。

いやいや、どこが矛盾しているんだ、と普通だったら感じるところですが、彼の言いたいことは、

「アメリカがつくったとされる戦後のリベラルな国際秩序は、そもそもリベラルに形成・維持されたわけではない

ということです。

つまり「秩序」(order)をつくって維持する行為というのは、そもそもリベラルな姿勢では絶対に無理、ということですね。

なぜなら秩序という言葉には、そもそもヒエラルキーの存在が示されておりまして、どこかのアクターがトップとなり、それ以外が周辺に属するということになります。

そしてこのようなヒエラルキーのトップはアメリカであり、そのアメリカが意識してこのような階層性のある秩序をつくってきた、というわけです。

つまりそこにはどうしても「帝国主義」の匂いが漂ってくるわけですね。

それを論証するためにポーターは歴史を振り返りつつ、まず戦後の「秩序」が生まれたのは、第二次世界大戦と冷戦の開始という非リベラル的なカオスの状況の中で大国同士が脅しや軍事力を行使したおかげであると分析します。

次にその維持の部分ですが、ポーターは冷戦期にアメリカが中南米で行っていた作戦などに触れつつ、

一体どこがリベラルなんだ

と問うわけです。

そういえばタリバン掃討とオサマ・ビン・ラディン捕獲を目指して開始された911事件後のアメリカの中東における大規模な民主化プロジェクトも、その手段は決してリベラルなものではなかった(軍事侵攻!)ことは周知の事実。

ここまで書いて時間切れです。つづきはまた明日。

(秩序の担い手)

あわせて読みたい

「リベラル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  5. 5

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。