記事

Sony Reader がやはり始まる前から終わっていた件

1/2
以下を書いたのが、日本でiPadが発売される前日。

それから半年。iPadも一通り普及したところで、やっと Sony Reader が登場した。

今回も記者会見の案内が来ていたのだが、スケジュールの折り合いがつかず欠席した。

それで、本当によかった。

もし行っていたら。喪章を取りに家まで戻る羽目になっていたはずなのだから。

Gizmodeにも呆れる。なんだよこの提灯記事。

大本命! ソニー電子書籍端末「Reader」速攻動画レビュー : ギズモード・ジャパン
持ってみて感じたのは、読書を強く意識して作られているということ。自分自身iPadで山手線で漫画を読んだりしますが、重いし、大きいので正直片手でもって本を読むスタイルはどうしても馴染めませんでした。しかしこのReaderは文庫本サイズに、たったの200gととても軽いのでどこでも気軽に楽しめる真の読書家のための端末と言えます。これはiPadやガラパゴスと比べても非常におおきな魅力です。


速報記事にはあった、一番大事なことが書いてないじゃないか。

【速報】ソニーEInk液晶電子書籍端末「Reader」国内発表。ブックストアも12月から開始
アメリカのモデルには3GモデルやWi-Fiモデルがあるようですが、日本ではいまのところないようですね。

3G、なし?

WiFi、なし?
  1. 専用ソフトをWindows(のみ!)で立ち上げて
  2. そこから書籍を購入して
  3. ReaderをUSBでつないで
  4. 転送しろ

だと?

これでどうやってKindleに勝てるというのか?

ああ全然わかっていない。

電子書籍の最大の特長が。

それは、「手に入れたいと思ったその場で手に入る」こと。

KindleもiPadも、この条件を満たしている。iPadにインストールしたKindleアプリももちろんそうだ。実際iPad後の私の「電子読書」はiPadメイン、時々iPhoneというもので、Kindle Booksも以前入手したKindle 2ではなく、Kindle for iOSで読むことが多い。PDFならiBooksか、縦書きならi文庫HD。「仕事」柄、ゲラをPDFで頂くことも多いので非常に重宝している。

有料書籍に関しては、未だ決定的なソフトウェアがあるとは言えないが、それでも「単行本アプリ」は拙著「弾言」&「決弾」を含め、ユニバーサルアプリ(iPadでもiPhoneでも動く)化がかなり進んで来たし、Voyager Booksも両対応になったし、いずれにせよiOSデバイス上での読書というのはすっかり板についた感がある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  3. 3

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。