記事

NHKや安楽死を名乗る党派が出てくるワケ

1/2

「衆参同日選」のもくろみが外れた安倍首相

参院選が7月4日に公示された。立候補を届け出たのは、選挙区選215人、比例選155人の計370人(改選定数計124人)だ。21日の日曜日の投開票に向け、これまでの安倍政権の政治が大きく問われる。年金をめぐる老後不安や消費税の増税、憲法改正などが争点になる。

一方、そうした論戦は投票の判断だけでなく、「民主主義(デモクラシー)とは何か」を考えるきっかけにもなる。今回の参院選公示をみていると、その思いは強くなる。

日本記者クラブ主催の党首討論会で、握手する与野党7党の党首ら=2019年7月3日、東京都千代田区の日本プレスセンター(写真=時事通信フォト)

6月8日付けの記事では、「選挙に勝つため国益を弄ぶ安倍首相の見識」という見出しでこう指摘した。

「安倍首相は、史上初の日朝首脳会談を実現して拉致被害者を帰国させた小泉純一郎・元首相のように、自ら北朝鮮外交の大きな檜舞台を作り上げ、その勢いに乗って衆参同日選に打って出ようと考えていた」

しかし、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に相手にされなかった。

すべては憲法改正を実現するための手段にすぎない

「まるで日本政府がわが国に対する協議の方針を変えたかのように宣伝し、しつこく平壌(ピョンヤン)への門をたたいているが、われわれへの敵視政策は何も変わっていない」

「前提条件のない首脳会談の開催などとぬかす安倍一味はツラの皮がクマの足の裏のように厚い」

無条件で日朝首脳会談に臨む決意を示した安倍首相に対し、北朝鮮はこう辛辣な声明を出して拒絶した。厚顔無恥と言いたいのだろう。安倍首相の顔をクマの足の裏に例えるところなど、実に野卑な北朝鮮らしい。

安倍首相の日朝首脳会談開催の思惑は、選挙で勝つことにあった。

日朝首脳会談だけではない。日米貿易交渉の妥結を参院選後までずらしたのも、大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(大阪サミット)で各国首脳との親密ぶりを演出したのも、7月1日に韓国向けの輸出を制限すると発表したのも、みな選挙のためだろう。

安倍首相は選挙で自民党が多くの票を獲得してさらに基盤を安定させ、その基盤の上で悲願である憲法改正を実現したいのだ。そのための手段として外交を使ったのである。

政治生命のために反日感情を煽る韓国大統領

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、反日感情を煽って政権を維持してきた。来年4月、韓国では国会議員を改選する総選挙が実施される。文氏はその選挙に勝ちたいがために反日感情を利用している。元徴用工の問題も、火器管制レーダー照射事件も、選挙に勝つための手段なのである。

韓国の国会(議席定数300)は文氏の与党である「共に民主党」が128議席で、これに対して最大野党の「自由韓国党」が113議席と、与野党の力関係が切迫している。

総選挙の結果次第で今後の文政権の運命が決まる。だから文氏は必死なのである。要は自分の政治生命のために反日感情を煽っているのだ。日本の安倍首相と同様、すべては自分のためなのである。

来年11月のために繰り広げられる「トランプ劇場」

6月30日のトランプ氏と金正恩氏との電撃的会談は、来年の大統領選で勝つための手段そのものである。韓国と北朝鮮の軍事境界線の板門店で、金正恩氏と対面して握手したばかりか、アメリカの現職の大統領として初めて軍事境界線を越えて北朝鮮側にも入った。まさにトランプ劇場だった。アメリカのトランプファンは拍手喝采しただろう。

中国との貿易戦争にしても、激化するイランとの対立にしても、トランプ氏の頭の中には来年11月3日に実施される大統領選挙があり、選挙に有利か不利かで動いている。トランプ氏のツイッター発言を見ていればそれがよく分かる。

極端な言い方をすれば、政治家は選挙に勝つことだけを念頭に行動している。選挙がすべてなのである。

政治家は自分のために活動しているにすぎない。政治家は自分を支持する人たちが、さらに心地よくなる政策を次々と掲げて選挙に勝とうとする。

そんな政治家たちは、「選挙の結果が民意だ」と主張する。「民主主義だ」と強調する。しかし、それらは本当に民意なのだろうか。本物の民主主義なのか。

民主主義国家と言われてきた世界の先進国はみな同じだろう。政治が国民のためのものではなく、政治家や政党のためのものになっている。

民主主義が「ポピュリズム」に食われている

国民の政治参加に道を開いたのが民主主義だった。第二次大戦後、西側諸国は民主化によって経済が大きく発展した。ところが東西の冷戦が終わるころ、経済成長が鈍くなり、民主主義の在り方に疑問が持たれるようになった。

そんななか移民・難民の排除、既成政党の批判、マスメディア非難、EU批判と離脱、支持者に直接訴えるツイッター政治、自国第一主義などが欧米諸国を中心に次々と存在感を増してきた。

いわゆる「ポピュリズム」と呼ばれる主義や政治の台頭である。日本でポピュリズムは「大衆迎合主義」とか「人気取り政治」と説明されるが、政治家は支持者の意に沿う政策を掲げ、有権者はそんな政治家を支持する。ポピュリズムの権化であるアメリカのトランプ氏と、ツイッターで結ばれた白人労働者層の関係を考えてほしい。

いまや民主主義がこのポピュリズムに圧倒されつつある。民主主義の危機だと思う。私たちの手で民主主義を取り戻さなければならない。それには選挙戦を通じて、国民のために活動する本物の政治家を、有権者の目で見て有権者の頭でよく考えて選ぶことである。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    食材追求した料理人に農家で皮肉

    幻冬舎plus

  4. 4

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  5. 5

    政治家が被災地視察 迷惑の声も

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    韓国法相任命 正恩氏の指示と噂

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  8. 8

    世界大学ランキング 日本の課題

    ヒロ

  9. 9

    千葉の復興妨げる観光自粛を懸念

    かさこ

  10. 10

    佐野SAスト1か月 資金残りわずか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。