記事

傷つきやすい人に"無理しないで"は逆効果

1/2

嫌なことがあるとひどく落ち込み、なかなか立ち直れない人がいる。MP人間科学研究所代表の榎本博明氏は「こういった人は、困難な状況にあっても、心が折れずに適応できるレジリエンス(回復力)が低いことが多い。早く立ち直れないのは性格ではなく、記憶の管理法に問題がある」と指摘する――。

※本稿は、榎本博明『なぜイヤな記憶は消えないのか』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/shironosov)

自分が嫌だと嘆くのに気晴らしに逃げている

自分の毎日の生活がパッとしないとか、外で人と一緒にいれば気が紛れるが家に帰ってひとりになると気分が落ち込み憂鬱になるなどと言いながら、何も生活を変えようとしない。そんな人があまりに多い。

自分が嫌だと嘆きつつ、そんな自分を変えようという動きがない。これではいつまでたっても憂鬱な毎日から抜け出すことはできない。

そのような人は、自分のことを嘆きはするが、自分と向き合うということがない。テレビを見たり、音楽を聴いたり、ネットで検索したり、ゲームをしたり、SNSでやりとりしたりと、気を紛らすことをするばかりで、自分と向き合わない。まるで自分と向き合うことを怖れるかのように、気晴らしに没頭し続ける。

「人間は意味を求める存在である」とし、意味を感じられないことからくる空虚感が多くの現代人を苦しめているとした実存分析の提唱者である精神科医フランクルは、気晴らしによって虚しさに直面することから逃げている人があまりに多いとし、気晴らしの弊害を指摘している。

「無理しなくていい」という心のケアの決まり文句

家に帰ると、すぐにテレビをつける。パソコンを立ち上げる。虚しさに、つまり納得のいかない自分自身に直面するのを避けるべく、ひたすら気晴らしに走る。スマートフォンの登場が、そうした傾向に拍車をかけている。

電車の中でも、家にいても、スマートフォンを手放せない。絶えずいじりながら、自分と向き合う瞬間をことごとく避けている。それによって、自分の中の虚しい思いに直面せずにすむ。暗黒の裂け目に吸い込まれそうな恐怖を味わわないですむ。

気晴らし的な娯楽の場や道具がつぎつぎに開発されることで、自分と直面する機会が奪われる。そのせいで自分を変えるチャンスも逃すことになる。

そうした気晴らし的な娯楽に加えて、「そのままの自分でいい」「無理しなくていい」という心のケアの決まり文句が、後ろ向きに開き直る人物を大量生産している。

ありのままの自分を受け入れる、つまり自己受容が、前向きに生きる上で重要な意味をもつのは言うまでもない。だが、それは、まだ未熟で至らないところもたくさんあり、理想にはほど遠いが、日々一生懸命に頑張って健気に生きている自分を認めてあげよう、まだまだ未熟だからといって責めるのはやめよう、そのままに受け入れよう、という意味である。

早く立ち直れるかは心の「回復力」次第

そのまま成長しなくていい、今のままでいいというのではない。そのままでいい、変わる必要ないというなら、いつまでたっても傷つきやすい心を抱えて、事あるごとに酷く落ち込み、いったん落ち込むとなかなか立ち直れず、そんな自分に自己嫌悪して、うつうつとした人生をずっと送り続けなければならない。

それでいいのだろうか。そんな人生を望むだろうか。できることなら、ちょっとしたことでいちいち傷ついたり落ち込んだりしないですむように、もっと前向きに生きられる強い心を手に入れたいと思わないだろうか。

そもそも「そのままの自分でいい」「無理しなくていい」という心のケアの決まり文句は、心が酷く傷ついて病理水準にあるときに、こんな状態で頑張れというのは酷だということで、現実生活から緊急避難させて一時的に保護するためのものだ。それを日常場面に当てはめる風潮が広まったせいで、日頃から努力することも頑張ることもせず、自己コントロール力を高めることもせず、弱く未熟で傷つきやすい自分をそのままに生きている人が目立つようになった。

落ち込んでばかりいても、状況の改善は望めない

心が鍛えられていないため、ちょっとしたことにも酷く傷つく。何かにつけて自信がない。自信がなく不安が強いため、他人の何気ない言葉や態度を必要以上に気にする。嫌なことがあるたびに大きく落ち込み、前に進めなくなる。前向きに頑張ることができないため、パッとしない人生になる。その結果、不満や愚痴だらけになり、自分に嫌気がさしてくる。

心が鍛えられていないためにレジリエンスが低いのだ。

レジリエンスとは、復元力と訳され、もともとは物理学用語で弾力を意味するが、心理学では回復力とか立ち直る力を意味する。もう少し具体的に説明すると、レジリエンスとは、強いストレス状況下に置かれても健康状態を維持できる性質、ストレスの影響を緩和できる性質、一時的にネガティブ・ライフイベントの影響を受けてもすぐに回復し立ち直れる性質のことである。

要するに、嫌なことがあったときはだれでも落ち込むが、そこからすぐに立ち直れるか、長く尾を引くかは、レジリエンスしだいというわけだ。どうしたら打開できるかわからないような困難な状況に置かれれば、だれだって心に負荷がかかり、落ち込んだり、悩んだり、絶望的な気持ちになったりする。

でも、そこで諦めて投げやりになったり、落ち込んでばかりいても、状況の改善は望めない。ますます自分が追い込まれ、悲惨な気持ちになるだけだ。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  10. 10

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。