記事

漏洩した英国の極秘書類、大使が政府へトランプを「無能」「不適任」と報告

ホワイトハウスの南側芝生で記者たちに話をするドナルド・トランプ大統領(Evan Vucci/AP/Shutterstock)

英タブロイド紙デイリー・メールが入手した漏洩書類によると、駐米英国大使はトランプ政権のことを「危険な内紛とカオス」「無能」「不適任」という言葉を用いて、報告をしていたということが明らかになった。

駐米英国大使キム・ダロックはドナルド・トランプを「無能」で、「不安定」で、「不適任」と見なしていると、イギリスのタブロイド紙デイリー・メールが入手した漏洩書類に書いてあったという。

同紙によると、ダロック大使が大使館の極秘外交経路を経由してロンドンへ送信した報告内で、ホワイトハウスを「独特の機能障害を起こしている」と表現し、トランプの政治生命は「不名誉な形」で終わる可能性があると記していた。

また同大使は、トランプ政権では「危険な内紛とカオス」と「刃物を使ったケンカ」がはびこっており、「信用できないロシア人たち」に借りがある可能性を捨てきれないとも書いている。

ダロック大使の報告の中には、「この政権が今後、現在よりも正常に機能するとは到底思えない。つまり、政権内の機能障害を克服し、予測不可能な現状を脱し、派閥分裂が減少し、ずさんで無能な外交手段が改善されるとは考えられない」という表記もあった。

イギリスの外務英連邦省はデイリー・メール紙のこの記事に関する声明を出したが、ダロック大使の報告の存在は否定しなかった。

この声明には、「イギリス国民は、各国に駐在する大使が本国の大臣に対して、駐在する国の政治に関する正直で率直な評価を伝えることを期待している。大使たちの見解が本国の大臣や政府の見解と同じというわけではない。しかし、大使は率直な意見を本国に伝える仕事で報酬を得ている。これと同じように、駐英米国大使は英国議会の政治や政治家についての評価を本国へ伝えるはずである」と書かれている。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  5. 5

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  6. 6

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  7. 7

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  10. 10

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。