記事

漏洩した英国の極秘書類、大使が政府へトランプを「無能」「不適任」と報告

ホワイトハウスの南側芝生で記者たちに話をするドナルド・トランプ大統領(Evan Vucci/AP/Shutterstock)

英タブロイド紙デイリー・メールが入手した漏洩書類によると、駐米英国大使はトランプ政権のことを「危険な内紛とカオス」「無能」「不適任」という言葉を用いて、報告をしていたということが明らかになった。

駐米英国大使キム・ダロックはドナルド・トランプを「無能」で、「不安定」で、「不適任」と見なしていると、イギリスのタブロイド紙デイリー・メールが入手した漏洩書類に書いてあったという。

同紙によると、ダロック大使が大使館の極秘外交経路を経由してロンドンへ送信した報告内で、ホワイトハウスを「独特の機能障害を起こしている」と表現し、トランプの政治生命は「不名誉な形」で終わる可能性があると記していた。

また同大使は、トランプ政権では「危険な内紛とカオス」と「刃物を使ったケンカ」がはびこっており、「信用できないロシア人たち」に借りがある可能性を捨てきれないとも書いている。

ダロック大使の報告の中には、「この政権が今後、現在よりも正常に機能するとは到底思えない。つまり、政権内の機能障害を克服し、予測不可能な現状を脱し、派閥分裂が減少し、ずさんで無能な外交手段が改善されるとは考えられない」という表記もあった。

イギリスの外務英連邦省はデイリー・メール紙のこの記事に関する声明を出したが、ダロック大使の報告の存在は否定しなかった。

この声明には、「イギリス国民は、各国に駐在する大使が本国の大臣に対して、駐在する国の政治に関する正直で率直な評価を伝えることを期待している。大使たちの見解が本国の大臣や政府の見解と同じというわけではない。しかし、大使は率直な意見を本国に伝える仕事で報酬を得ている。これと同じように、駐英米国大使は英国議会の政治や政治家についての評価を本国へ伝えるはずである」と書かれている。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。