記事

ビジネスエリートが"教養力"を磨くワケ

1/2

世界のビジネスエリートは会食のとき、仕事の話は最初の10分で終わり、あとは歴史・文学・美術などの話を続ける。果たして日本人ビジネスマンは何を学ぶべきなのか──。三賢人に、教養をどう学び、どう使うのか尋ねた。

(1)自分を賢くしてくれる教養とは?

■出口▼幸せな人生は「知識」×「考える力」でもたらされる

みなさんは「おいしいごはん」と「まずいごはん」、どちらを食べたいですか? もちろん大半の人が「おいしいごはん」と答えるでしょう。では、おいしいごはんを因数分解したらどうなるか。「食材」と「料理法」に分解できます。よい食材を上手に料理したときにおいしいごはんになるのです。

立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明氏

人生も料理と同じ。「おいしい人生」は「知識」と「考える力」に因数分解できます。フランシス・ベーコンは「知は力なり」と言っています。16世紀半ばから17世紀前半にかけて哲学、神学、法学などの世界で活躍した人です。

ただし、よい食材を集めるだけではおいしいごはんが作れないように、知識ばかりを集めてもおいしい人生は送れません。卓越した料理人がよい食材を素晴らしい料理に変える腕前に当たるのが「考える力」です。つまり教養とは「知識」×「考える力」と定義すると一番わかりやすいと思います。

知識を得る方法は「人、本、旅」です。多分野の人に会って新しい知識に触れて刺激を受け、本を読んで知識を吸収して著者の考え方や発想のパターンを学び、訪れたことのない場所に行ってその地域の風習や価値観を学ぶ。この3つ以外に人間が賢くなる手段はないと思います。

教養における「知識」と「考える力」の比率は3対7くらいで考えるのが妥当です。

考える力は「発想力」と言い換えてもいいでしょう。会話をする相手も、ただ知識だけが豊富な人では退屈します。発想がユニークで面白い人と話しているほうが何倍も楽しい。

もちろん知識はあるに越したことはないのですが、その知識をどう料理するかのほうがはるかに大切です。

自分の常識を破ってくれる相手に、僕自身も引かれます。

■竹中▼教養は、国を超えて人と人とをつないでくれる

勉強する目的の1つは、相手と戦い、勝つためです。経済の競争は厳しく、企業やそこで働く社員の生存競争も激しい。例えばフィンテックの時代に備え、金融工学を学ぶのは戦ううえで必要だから。英語を学ぶのはグローバリゼーションの時代に生き残るためです。

しかし勉強の目的は、戦いだけではありません。教養は人と人を結び付ける。英語をマスターすれば、世界各地で多くの人と会話ができます。ただし語学だけでは十分ではなく、政治や経済、歴史、文化などについて自分なりの見識を持てなければ話せません。例えば今、世界で勢いを増しているポピュリズムについて語ることができれば、「キミの国ではこんなことが起きているのか」と話題が広がり、深まっていきます。

東洋大学国際学部教授 竹中平蔵氏

日本では、知識が豊富な人が教養のある人といわれがちです。でも現代はインターネットでかなりの知識は得られるので、知識量はそれほど重要ではなくなりました。どのように考え、どうロジックを組み立てるかが、より重要になっています。

例えば安倍首相が2019年のダボス会議でデータガバナンスについてスピーチしました。18年は、ドイツのメルケル首相が、これからの経済競争は一にも二にもビッグデータの競争であると発言しました。ビッグデータをAIでどう活用していくかが国際競争の優劣を決める時代になっています。

まず、データが資産であることが理解されているのか。そしてデータは誰のものか。私がフェイスブックに書き込んだ内容は私のものだともいえるし、データを持つフェイスブックのものだともいえる。一緒に作ったものだから両者の共有物、さらには全人類の共有物ともいえる。そうやって本質を深く考えていくことが求められているのです。

■御立▼教養は「人を動かす」リーダーの基礎科目

英語で“Liberal Arts”と表現される「教養」は、中世ヨーロッパの大学の科目に由来します。今でも米国のアイビーリーグ(※)の大学は「リベラルアーツ・カレッジ」と呼ばれています。学生はリベラルアーツ・カレッジを終えた後、そこから医学部や法学部など専門領域に入っていく。つまり、教養とは、リーダーが修めるべき基礎科目の総称なのです。

BCGシニア・アドバイザー 御立尚資氏

その基礎科目は中世の後半に固まり、「自由7科」として定まります。なぜ「自由」とついているのかというと、親の職業を世襲的に受け継ぐのではなく、自分で職業を選択できる「自由人」であるためにマスターしなければいけない科目であるから。

自由7科はラテン語で“trivium”(トリヴィウム)3科と“quadrivium”(クォードリヴィウム)4科で構成されます。トリヴィウムは論理学、修辞学、文法の3科目で、自分の考えをまとめて他人に伝え、人々を動かすための科目、コミュニケーションに関わる学問です。かたやクォードリヴィウムは、幾何学、代数学、天文学、(数学的な)音楽理論の4科目。言ってみれば、どのように世界をモデル化して考えを進めていくか。その手立てとなる学問を指します。

例えば、経済学は経済すべてを表記することはできないので、モデル化して考えています。政治学は権力構造が存在するときに何が起きるのかをモデル化している。社会学はグループがどのような行動をし、それはコントロールできるのかをモデル化して社会を捉えます。

※ハーバード大、イェール大など米国北東部の名門私立大学の総称。

このように、世の中の現象をモデル化して理解することが、自らで考えるベースとして不可欠なのです。近年、新しく登場してきたAIや遺伝子工学、ナノテクノロジーもやはりモデルを使って考えることで理解が進むはずです。重要な分野のモデル化の基本こそ現代の自由7科であり、教養なのです。

(2)どの場面で、何が役に立つのか?

■出口▼イノベーションを起こすのに「教養」は必須

今、世界中の企業がイノベーションを起こそうと必死です。136年前オーストリア・ハンガリー帝国(現チェコ)に生まれた経済学者、ヨーゼフ・シュンペーターが提言したとおり、イノベーションは既存知の組み合わせであり、既存知の距離が遠ければ遠いほどイノベーションが生まれやすいといわれています。つまりビジネスばかりを勉強していてもイノベーションは生まれないということ。ビジネスと歴史、ビジネスと音楽など、学ぶ分野が大きく異なったほうがイノベーションは起きやすいのです。

ゴールドマン・サックスCEOのデビッド・ソロモン。ステージネームは「DJD-Sol」。CDデビューもしており、移動中に曲作りをしているという。(共同通信イメージズ=写真)

象徴的な話では、世界の金融界のトップを走るゴールドマン・サックスの会長兼CEO、デビッド・M・ソロモン氏はビジネスマンでありながらプロのディスクジョッキーでもあります。最先端の金融業務とまったく関係のない世界があったからこそ、ビジネス界で立派な業績があげられたのです。

教養をつけることは個人だけではなく、企業のマネジメント上も非常に重要です。アイデアもイノベーションも本源的には人間の脳から生まれてくるのですから。

GAFAや、未上場のスタートアップ企業でありながら評価額が10億ドル以上と大きな可能性を秘めた「ユニコーン企業」は、会社ぐるみで必死になって脳科学や心理学を学んでいます。そういう会社のオフィスは原色で彩られていたり、部屋の形が曲がっていたりとほかのオフィスとは一線を画します。どういう部屋の形にして、壁や天井はどういう色を使えば、社員が自然とやる気を出すかを計算し尽くして、実際に試しているのです。

それに比べると、日本企業の多くではいまだに根拠なき精神論が幅を利かせ、精神訓話を振りかざして経営しています。脳科学や心理学などの学問をベースにして人間の可能性を引き出さないと、GAFAに比肩するどころか、どんどん差を広げられてしまうでしょう。

■竹中▼いまも守る先輩の「川を上れ、海を渡れ」という教え

私が若いころ、日本開発銀行から大蔵省(現財務省)に出向していたときに先輩から言われ、今も意識しているのが「川を上れ、海を渡れ」という格言です。「川を上れ」は歴史をさかのぼって考えてみろという意味。歴史上で起きた事件とまったく同じことが繰り返される例はないでしょう。でも、歴史はファクトの積み重ね。そこから得られる成功と失敗のエッセンスは次に起こることの予測に大変役に立ちます。その意味で、教養としての歴史が欠かせないのです。「海を渡れ」は海外の事例を知れということ。私たちが悩んでいることはたいてい海外の人も悩んでいて、解決を試みて成功した例もあれば失敗した例もあります。

私たちがビジネスで悩んでいることも、川を上り、海を渡ることによって学べる事例が見つかることが多いと思います。

ビジネスでは解が存在しない問題も多く、それにどうアプローチしていくかも重要です。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボラトリーで最近、重要視されているのが、“learning over education”。“education”が教育によって知識を与えられることよりも“learning”つまり自ら学ぶことが大事だといっているのです。

マサチューセッツ工科大学のメディアラボではインターネットが広がった後に求められる9つの基本原則を定めている。(AFLO=写真)

日本人の場合、すぐに解を求めてしまう傾向があります。これは今までのマークシート主体の大学入試の弊害だと思います。入試問題ではほとんど解が用意されていますからね。

MITのメディアラボでは“compasses over maps”という思考法も注目されています。地図より羅針盤のほうが重要だということです。

地図は私たちが持っている概念。例えば、偏差値の高い学校を出て、一流企業に就職して管理職になり、やがて役員用のクルマと秘書が用意されるようになるといった人生の地図が存在しています。でも地図は永遠のものではありません。昨日まで一流ともてはやされた企業が一晩で潰れてしまうこともあります。だからこそ、地図より人に必要なのは羅針盤だといっているのです。羅針盤とは「自分はこれをやりたい」というパッションを指します。パッションを基に自分で何かを切り拓くために必要なのが教養で、その力がビジネスを成功させる原動力になるのです。

■御立▼成功するには分野の壁を越えなければならない

ビジネスパーソンがすべての領域で専門家になるのは難しい。しかし、多様な分野の専門家に質問できるレベルの教養は身に付けておくべきでしょう。例えば、近年コンピュータや医学などの専門家と一緒にビジネスのプロジェクトを進める場面が多くなっています。そのときビジネス言語だけでなく、専門家たちの使う言葉や思考のモデルを知っておかないと話が進みません。地政学の基本モデルや常識もある程度知っておかないとグローバルでのビジネスができないというのが典型的なケースです。教養は自分と専門家をつなぎ、ビジネスのプロジェクトを成功に導く重要な武器なのです。

変化のスピードが速まっており、メディアを通してだけでなく、SNSなどで専門家にアクセスすることも求められる。(AFLO=写真)

「つなぐ」という意味では、分野と分野をつなぐことも重要です。例えばコンピュータサイエンスと遺伝子工学。双方の知識や技術を用いて遺伝子治療が大きく進んだように、もともとあった学問間の壁がなくなることで、新しいイノベーションが生まれます。データと数学、生命科学、あるいはマテリアルサイエンス。こういった領域は他分野との掛け算で価値を生む例がどんどん出てきています。

また、従来型の業界知識と経営学だけを知っておけば経営に十分という時代でもなくなりました。私がかつて在籍した航空業界などはその典型です。この20年、アジア通貨危機や9.11、リーマンショック、SARS、エボラ出血熱など、航空業界を揺るがす出来事が3~4年に1回の頻度で発生しています。エアライン同士の競争とは関係のないところで、業界の利益率が大きく変動するわけです。幅広い教養を身に付け、リスク回避策やレジリエンスを考えておかなければ経営への責任を果たすことができないのです。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  8. 8

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  9. 9

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  10. 10

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。