記事

中学校の「定期テスト廃止」に教育コンサルが警鐘「不自由を経験させず自由を与えてはだめ」

義務教育をもう一度見直すべき、と言います
義務教育をもう一度見直すべき、と言います

中間・期末試験などの定期テストを廃止する中学校が出ている。昨年春からテストを廃止した東京都の千代田区立麹町中学校に続き、世田谷区立桜丘中学校でも今春から廃止になった。代わりに小テストの頻度を増やし、子供に学習習慣をつけさせる狙いがあるようだ。

ただ、7月4日の「モーニングCROSS」(MX系)では、教育コンサルタントの中土井鉄信氏が定期テスト廃止のデメリットを指摘した。定期テスト廃止は、勉強が好きな子供や自主的に取り組める子供にとっては自身の裁量でどこまでも学び進むことができるが、そうではない子供にとっては非常に厳しく、子供の教育格差を大きくすると警鐘を鳴らした。(文:石川祐介)

義務教育では学びの「型」を教えるべき

中土井氏は、「よく芸事で言うじゃないですか、"型なし"と"型破り"って。今の教育は段々と型なしになっている」と話す。子供は好奇心に身を任せて"学び"を探求することができるが、そのためにはまず「学びの"型"」を学校教育で教える必要があると主張する。最近は、学校でその型を教えなくなってきているという。

「『年にテストが5回ある』『遅刻を取り締まる』とか、1980年代にちゃんと普遍されていた管理教育が"ハードパワー"だったけど、『今はそういう管理はしません』『子供の自主性に任せる』という"ソフトパワー"にシフトしている」

そもそも最初から自主性のある子供はおらず、学校から勉強をやらされて初めて育まれる感性であるとも解説。今のままでは自主的に学べない子供を置き去りにするリスクがあると話す。

「不自由を経験させないで自由を与えてはいけない」

と、まずは学びの型を義務教育の中で教えることが重要だと語った。

ネット「知識ゼロの人が想像力を発揮できるとは思わない」

子供の創造性を育むのは「高等学校からだと思っている」とも主張していた。公教育が子どもの創造性を殺している、などという言説は「レアケース」と一蹴している。

「子供の自主性を大切にする教育」という言葉は非常に耳障りが良いが、盲目的に「自由=良いこと」と捉えるのも、かなり危険な考え方と言えそうだ。

ネット上でも、「自由なことやっていいよって言っても、計算や言語能力といった基礎部分ツールを持たないとできない」、「知識がゼロの人が創造力を発揮できるとは思わない。応用は基礎があってこそで詰め込み教育が必要だと思う」と中土井氏に同意する声が多く寄せられた。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  2. 2

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  3. 3

    陸上スーパー女子高生なぜ消える

    PRESIDENT Online

  4. 4

    007起用の黒人女性めぐる勘違い

    諌山裕

  5. 5

    日韓問題に米「出来る事はする」

    ロイター

  6. 6

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏は国会で討論すべき

    早川忠孝

  8. 8

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  9. 9

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 007はやはり白人男性

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。