記事

田代まさし「アンチ覚せい剤の生ける教科書」として地位確立

新しい芸を得た田代まさし(イラスト/ヨシムラヒロム)

 お茶の間で人気だった有名人が罪を犯したあと、再び世間に受け入れられるには長い時間と地道な積み重ねが求められる。しかし田代まさしの場合、4度の逮捕と2回の懲役は、軽やかな笑いという彼の芸風に深く傷を付け復帰を難しくした。ところが、ネット番組という、彼の全盛期には存在しなかったメディアが登場したことで、田代は新たな芸風を獲得しつつある。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、NHK Eテレに出演を果たした田代まさしがネット番組で得たものについて考えた。

 * * *
 一流芸能人であっても、身を持ち崩す可能性がある。自らを商品とする職業は危うい、一寸先は闇だ。

 ある芸能人がピエール瀧のニュースに対して、「芸能人は宝くじが当たったようなものなのに……」と言っていた。数年前からテレビに出戻りしたヒロミは「色々な仕事をやったけど芸能人が一番儲かる。身一つでできるしね」と語る。

 以上の発言から、売れっ子芸能人は夢のような生活を送っていることがわかる。しかし、当たり券を自ら放棄する芸能人も多い。過去、何人もの失落者を見てきた。そのなかで最も衝撃的だった人物の1人が田代まさしだろう。

 不良から成り上がり、全盛期には夕方ニュースのキャスターまで務めていた。しかし、2000年の盗撮で書類送検された報道をキッカケに急転直下で転がり落ちていく。2001年には覚せい剤取締法違反で逮捕。その後、同じ罪を3度も重ねる。田代は刑務所に計7年収監され、メディアからも消えた。

 2014年に出所、罪を償ったとはいえテレビ復帰は難しい。ところが、意外な形でテレビに登場する機会を得る。2016年に清原和博が覚せい剤取締法違反で逮捕された際、薬物の恐ろしさについて、身を以て体験した有識者としてコメント。以後、「芸能人と覚せい剤」の専門家・田代は時折メディアに現れた。しかし、そこには過去「小道具の天才」と呼ばれた面影はない。淡々と薬物の怖さについて語るだけ。

 当たり前だが、笑いと犯罪の相性は悪い。田代は犯罪を犯したことにより、ふざけることを禁じられた。反省の日々を送る側面だけがクローズアップされる。

 しかし2018年、真面目さだけを求められ続けた風向きが変わる。キッカケはネットテレビの隆盛だ。7月に田代はアイドル“THE BANANA MONKEYS”のPVに出演、といっても一緒に踊ることはなく、アイドル相手に授業を敢行。科目は自分史である。『やらかし先生~やらかし人生から学ぼう~』と銘打ち、自身の栄光と没落を解説。「マーシーこそ、失敗を重ねて表舞台から姿を消えつつある有名人が教師を務める人気番組『しくじり先生』に出るべきだ!」といったファンの妄想を実現化した。

 そして、PVで解禁となったのが“覚せい剤と笑い”のミックス。過酷な経験談を話芸に昇華する。不謹慎な言い方をあえてするが、元シャブ中芸人・田代が解禁となった。

「覚せい剤を打つと覚せい剤中毒という病気になる。『やりたい』といった気持ちがなくなることはないです。完治はない、だから怖いんだよね」と平易な言葉で自身の病状を語る。笑いと真面目を行き来しつつ、覚せい剤を解説する田代。個人的にこのPVはかなり響いた。

 僕は長年覚せい剤の注意喚起について疑問を持っていた。

 キッカケは大学時代に受けた保健の授業。ある時のテーマが覚せい剤だった。そこで教員は「スピードと呼ばれるものは、疲れをなくし、高揚感を生み出します」と覚せい剤の種類別の効能を紹介。そもそもやるつもりがない僕にとって知らなくていい情報である。期末のテストでは覚せい剤の名称と効能を線でつなげる問題が出題された。覚せい剤の効能を精一杯伝道する教員のアホさに辟易とする。

 覚せい剤の報道のあり方もおかしい。通り一遍に覚せい剤の怖さを解説したのち、なぜか紹介される具体的な入手方法。毎度、スタッフが隠しカメラ片手に渋谷の裏路地に出向く。「これが売人だ……」といったナレーションとともに、売人の特徴を丁寧に解説。

 上記の事柄を知っても覚せい剤への嫌悪感は生まれない。むしろ若年層にとっては興味が生まれる可能性も。授業と報道が「覚せい剤のススメ」のように感じた。

『やらかし先生』で「刑務所から出てきても誰も助けてくれない。孤独になると、さみしいからまたやってしまう……」と田代は話す。多くの日本人が覚せい剤によって田代の富、名声、友達が失われたことを知っている。ゆえに言葉の浸透率が並じゃない。

 同じく2018年10月にはAbemaTVに出演。スピードワゴン相手に元シャブ中芸人トークを展開。田代にしかできない話芸を披露した。

 2019年6月には、『田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る』と名付けたYouTubeチャンネルを開設。毎回、ロックンロールバンド「クールス」のリーダー佐藤秀光と対談している。田代が語るのは現在働く更生施設「ダルク」での日々。なかでも印象に残ったやりとりを記したい。

佐藤「ダルク、何年いるの?」
田代「4年。今までは3年半経ったら、また手を出していたの……。それをやっと超えたんですよ!!」

 どんな会話だよ!とツッコミたくなるトークを披露。現在、5本の動画が公開されている。特筆すべきこととしては、1つ新発見があった。薬物の後遺症だろうか、テレビに出演するたびに危うさを感じた滑舌の衰えが若干回復。間違いなく2018年の動画と比べて、良くなっている。 そして、先週飛び込んできたニュースに驚く。なんと7月4日、11日にEテレ『バリバラ~障害者情報バラエティー~』に田代が出演。タイトルは「教えてマーシー」、ここからもわかるように“覚せい剤と笑い”を混ぜた講義を披露。放送前にはYouTubeでダイジェスト版も配信された(どんだけマーシーに力を入れるんだNHK……)。

 そのサムネイルも攻めている。満面の笑みで親指を立てる田代と紫色に輝く「クスリの魔力」の文字。NHK、完璧どっかおかしくなってる(褒め言葉)。

 田代曰く「(刑務所は)売人の知り合いができたりと、悪のコネクションを広げる場所」。覚せい剤の根本治療にならない。条件的にやれないだけで、本音はやりたくて仕方なかったという。『やらかし先生』から一歩踏み込んだ授業をしていた。

 2度の懲役を経て出所した田代にとって、ネット番組は重要である。不謹慎なお笑いを拒む傾向が強まるテレビ番組に、彼の新しい芸がすぐ受け入れられる可能性は低い。PV、AbemaTV、YouTuberで慣らし運転。“覚せい剤と笑い”がネット視聴者に受け入れられた先にEテレでの授業がある。ネット番組が存在していなければ、田代はお茶の間へ再び登場できなかった。

 田代を追いかければ、覚せい剤の本質が理解できる。治療で処方される薬は病を治すためのものだが、覚せい剤は中毒を発病させる。

 過去、公の場で覚せい剤の体験談を明るく語る人はいなかった。ゆえに田代は新しい、そこに嫌悪感を抱く人がいることは理解できる。ただ、悪事に手を染めてはいけないことを喚起するトークがつまらない必要はない。ユニークな語り口の方が沁みる場合もある。なんの因果か、アンチ覚せい剤の教科書になる人物は今のところ田代以外いない。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで週一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。テレビっ子として育ち、ネットテレビっ子に成長した。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  2. 2

    小室哲哉 KEIKOに離婚求め調停中

    文春オンライン

  3. 3

    即位の礼知っておきたいポイント

    SmartFLASH

  4. 4

    キムタク新作 視聴率12.4%低調か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    世界が評価 雅子さまの国際感覚

    NEWSポストセブン

  6. 6

    N国のツッコミ警戒?いだてん低迷

    渡邉裕二

  7. 7

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  8. 8

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    賛否呼ぶ献血PR 批判内容に疑問

    AbemaTIMES

  10. 10

    北朝鮮 米韓に新たな解決策要求

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。