記事

若者の保守化は本当か

 少し前から気になっていたのだが、若者が保守化しているというのは本当だろうか。統計を精査した上で、そういう傾向があるという報告を、ネット上で複数見たような気がする。あまり信じたくはないのだが、わが家の子世代、孫世代を見ているだけでも、そんな現象があっても不思議ではないと思えてきた。

 それを簡単に要約すると、「環境への過度の適応」ということになる。人当たりも、物わかりもいいのだが、現状への不満は少ない。「世の中はこうあるべきだ」といった理想追求の姿勢がなくて、とにかく現状を前提にして、自分をそれに適応させることだけに頭を使っているように見えるのだ。その根底には、「自分が生きているこの世の中の現状は、そんなに悪いものではない」という認識がありそうだ。

 だから選挙に対しても、関心はあまり強くない。ただし私の政治的立場は、家族はよく知っているから、「今度は〇〇さんでいいんでしょ」程度のことは言ってくれる。そして選挙権を無駄に捨てるようなことは、ずっと以前から、私の家の中では考えられないことになっている。しかしこれが、政治家とは縁のない一般家庭だったらどうなるのだろう。家族や家庭の会話の中に、政治や選挙の話が出ることは、非常に少ないのではないだろうか。そして投票日になったらどうするか。

 自分に特段の意見もなく、世の中がそんなに悪くないと思っていれば、野党の候補者に投票する意味はなくなる。投票に行くとしたら、政権与党の候補に入れておけばいいや、ということになるのではないか。梅雨空の下で、あまり盛り上がっている様子もない選挙が進んでいる。

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  2. 2

    官邸の思い付きで日本は大混乱に

    篠原孝

  3. 3

    自粛ムダに…百貨店へ並ぶ高齢者

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  5. 5

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  6. 6

    中国のコロナ感染「第2波」懸念

    ロイター

  7. 7

    布マスク普及呼びかけに医師指摘

    名取宏(なとろむ)

  8. 8

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

  9. 9

    ロックダウン=都市封鎖は誤訳?

    かさこ

  10. 10

    ロックダウン寸前 法改正が急務

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。