記事

「パンク」史上最高のアルバム40選

1/4
左からビリー・ジョー・アームストロング(グリーン・デイ)、ラモーンズ、パティ・スミス(Photo by Ebet Roberts/Redferns/Getty, Ian Dickson/Redferns/Getty, Dick Barnatt/Redferns/Getty)

2コードと世に物申すアティテュードで、ロックの未来を切り拓いたはみ出し者たち。グリーン・デイ、ラモーンズ、パティ・スミスまで、音楽史に名を刻んだパンクアルバム40枚を紹介する。

1976年、クイーンズ出身の冴えない4人の若者がニューヨークのバウアリーで異形のノイズを発した瞬間、パンクロックは誕生した。彼らが火を点けたその革命は、ロックンロールの歴史を真っ二つに分断した。シンプルであることに徹底的にこだわるパンクロックは否定の手段として誕生したが、その多様な音楽性と感情を爆発させるツールとしての有効性は今も失われていない。ロック史の金字塔となったラモーンズのデビューアルバム発売40周年を記念し、史上最高のパンクアルバム40枚を以下に掲載する(編注:US版記事は2016年初出)。

ラモーンズがパンクロックの始祖であったとしても、偉大な先達たちなくして彼らは存在しなかった。ストゥージズ、ザ・ニューヨーク・ドールズ、ペル・ウブ、パティ・スミス等、本リストにはパンクという言葉が生まれる以前から(音楽性の面よりも)そのスピリットを体現していたアーティストたちの作品も含まれている。

「そもそもパンクとは何なのか?」という昔ながらのテーマについても、ここでは敢えて触れていない。ピストルズやクラッシュ、ブラック・フラッグ、ザ・ディセンデンツ、マイナー・スレット、ハスカー・ドゥ、バッド・ブレインズ等といったバンドのみならず、本リストではマルクス思想とディスコを融合させてみせたギャング・オブ・フォー、凍りつくようなゴシックの世界観を打ち出したジョイ・ディヴィジョン、異形のニューウェーヴを鳴らしたディーヴォ、モッズを蘇らせたザ・ジャム、レゲエに暴力性を持ち込んだザ・スリッツ、ギターサウンドをアートの領域に持ちこんだテレヴィジョンやソニック・ユース、21世紀にストイックなノイズの轟音を鳴らすホワイト・ラングまでが名を連ねている。アナーコ・パンクの伝道師たるクラスはそのキャリアを通じて、ブリンク182のような商業的バンドにパンクを汚させまいと戦い続けた。両者にはそれぞれの魅力があり、どちらも本リストに登場している。

バンドではなく「アルバム」を対象としていることから、本リストでは数多くの偉大なパンクバンドが非選出となっている。ザ・サークル・ジャークス、アドルセンツ、フィアー、ザ・ビッグ・ボーイズ、ザ・ディッキーズ、ザ・ディックス、そしてあのダムドさえも登場していないのは、本誌編集部の記者たち全員を納得させる完璧な1枚が存在しないと判断されたためだ。結果的に本リストでは、音楽性の面ではやや逸脱しながらもパンクのスピリットを体現しているレコードが多く選出されることになった。「自由こそがパンクロックの意味であるべきだ」 『ネヴァーマインド』がアメリカのメインストリームを席巻した1991年に、カート・コバーンはそう語っている。本リストはその自由がどこへ向かったのかを示す指標となるはずだ。

40位 デッド・ケネディーズ『暗殺』(1980年)




デッド・ケネディーズのデビューアルバムは、まさにハードコア・コメディの極北だ。「カリフォルニア・ユーバー・アレス」や「ホリデイ・イン・カンボジア」等において、シンガーのジェロ・ビアフラはジョニー・ロットン顔負けの間抜けな皮肉屋を演じている。ギタリストのイースト・ベイ・レイの優れたテクニックも手伝って、『暗殺』はフィアーやアドルセンツといった同世代のライバルたちの作品よりも大きなインパクトを残した。

39位 ディーヴォ『頽廃的美学論』(1978年)


パンクバンドであると同時に、パフォーマンスアート集団でもあったオハイオ州アクロン出身のディーヴォは、素晴らしくひねくれた異形のニューウェーヴを鳴らしてみせた。ロボット工学やドナルド・マクドナルド、さらには共食いする類人猿に至るまで、多様なトピックについて掘り下げる彼らのデビューアルバムは、退化こそ未来だと主張してみせた。

38位 ホワイト・ラング『Deep Fantasy』(2014年)




パティ・スミスとスティーヴィー・ニックスの娘がフロントマンを務めるブラック・フラッグかのごとく、バンクーバー出身のホワイト・ラングはあらゆる曲でその欲望を爆発させる。ハイライトである「Drown With the Monster」「Face Down」等のスプラッター・ノイズ・アンセムはどこまでも新鮮だ。誕生から40年を経たパンクの遺伝子を、彼らは間違いなく受け継いでいる。

37位 ブリンク182『エニマ・オブ・ザ・ステイト』(1999年)




ブリンク182のサードアルバムは、グリーン・デイの『ドゥーキー』を大胆でキャッチーなジョークへと仕立て上げたような作品だ。ポップパンクの金字塔となった本作は、発売から実に70週間に渡ってチャートに居座り続けた。高慢な批評家たちからはたちの悪い冗談だとこき下ろされながらも、彼らは驚くべきタフさをもって世代を超えたファンを獲得してみせた。本作におけるより洗練された楽曲群には、ディセンデンツやミスフィッツといった大御所たちからの影響が垣間見える。

36位 クラス『Penis Envy』(1981年)


イギリス発の政治的アナーキスト集団クラスは、賞賛に価する厳格さをもってその教義を実践してみせた。今日でも健在のとある集合住宅で結成されたクラスは、自主レーベルCrass Recordsの運営から、独自のマルチメディア・プレゼンテーションのデザインまで、あらゆることを自分たちだけでこなした。アンチ性差別主義を掲げた『Penis Envy』は、彼らの政治思想を裏付けるラディカルなマニフェストだ。

35位 フガジ『13 Songs』(1989年)


元マイナー・スレットのメンバーであり、エンブレイスのリーダーだったイアン・マッケイは、新たなプロジェクトで芸術とさえ呼べるヴィジョンを提示してみせた。彼が仲間たちと結成したフガジは、体が無意識のうちに反応するポスト・ハードコア・サウンドを確立し、「Waiting Room」はアメリカにおけるパンクカラオケの超定番となった。社会的勢力と呼べるほどの影響力を誇ったフガジは、リードシンガーのガイ・ピッチオットが唱えた「『ノー』の力」を徹底的に実践し、チケット代を5ドルに固定していたコンサートでは年齢制限を設けず、グッズのライセンス契約も一切結ばなかった(その結果「This Is Not a Fugazi T-Shirt」とプリントされたブートレグのTシャツがファンの間で出回ることになった)。

34位 ジョイ・ディヴィジョン『アンノウン・プレジャーズ』(1979年)


ジョイ・ディヴィジョンほど疎外感の表現によって人々を惹きつけたパンクバンドは存在しない。イアン・カーティスの霧笛を思わせるバリトンボーカルと、氷原のように殺伐としたその音楽はゴス・パンクというジャンルを生み出した。それでもなお、彼の逼迫感に満ちた歌声と、バンドの金属質なサウンドには独自の美しさが備わっていた。本作のリリースから1年を待たずして、カーティスは自ら命を絶った。

33位 ザ・スリッツ『カット』(1979年)


「あたしらに払えるわけない!」というキャッチフレーズを含め、アナーキーかつユーモラスな「ショップリフティング」等で、ザ・スリッツはレゲエビートとパンクギターを融合させた。パティ・スミスの後継者たる彼女たちは、婉曲的かつ大胆にフェミニストとしてのパンクを定義してみせた。またイギリスの同胞ザ・レインコーツがそうであったように、彼女たちは女性のみのバンドを結成(それ自体がラディカルだった)するにとどまらず、パンクが男性のものであるという固定概念を覆した。

32位 ザ・ミスフィッツ『Walk Among US』(1982年)


グレン・ダンジグがニュージャージーの突然変異種たちと結成したザ・ミスフィッツは、「I tunred Into A Martian」等のアンセムによって、ハードコアシーンに求められていた皮肉という要素を持ち込んだ。ハードコアにおける定石となっていた政治思想を排し、ゾンビや色っぽい女性吸血鬼といったB級映画のテーマを高らかに歌い上げたデビュー作『Walk Among Us』は、ホラーパンク界に燦然と輝く金字塔となった。

31位 ヤー・ヤー・ヤーズ『フィーヴァー・トゥ・テル』(2003年)




ザ・ラプチャーやライアーズを生んだ2000年代初頭のポストパンクのリバイバルにおいて、ヤー・ヤー・ヤーズは突出した存在だった。アートに傾倒したニューヨーク出身の若者3人組が生み出したデビューアルバムにおいて、ピンクのドレスに身を包んだ爆弾娘カレン・Oは圧倒的な存在感を放っている。灼熱に身悶えるチーターのごとく雄叫びを上げたかと思えば、パンク史上最高のスロージャムとも言われる「マップス」では、彼女はリスナーの心に鈍い痛みを与える。

あわせて読みたい

「ロック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。