記事

真の「マス」メディアへ - 書評 - USTREAMがメディアを変える

1/2
筑摩書房松本様より献本御礼。

画像を見る
USTREAMがメディアを変える
小寺信良

もう何度目の「メディアを変える」かわからないけれど、今度の「変える」は、具体的には「Web化する」の総仕上げであることは多分間違いない。「USTREAMが変える」のは、最も高情報量かつ高同時性を持つメディア、すなわちTV生放送なのだから。

その意味において、本書は「メディアを変える」ものの集大成としての意味を持つ。Webはメディアをどう変えてきたか?「マスへのメディア」を「マスによるメディア」に変えて来たのである。「による」ところである、マスたる我々には必携の一冊なのではないか。

本書「USTERAMがメディアを変える」の著者は、こんな人。
P. 50
過去筆者は、テレビ放送に乗せるコンテンツを少なくとも1000本ぐらい作ってきた。いちいち数えて来たわけではないが、計算するとそのぐらいにはなっているはずである。
画像を見る
USTREAMそらの的マニュアル
そらの

この点が、本書にも何度も登場するそらのこと佐藤綾香との違いである。USTREAMそのものに関しては、今や日本のUSTREAMの女王の感すらあるそらの本人による「USTREAMそらの的マニュアル」の方が充実していて(こちらも献本御礼)、あなたもUSTREAMで放映するというのであればこちらが適書だが、USTREAMによる放映とTVによる放映の何が違うか、そしてそれにどのような意味があるかを考察したいともなると、時間軸に奥行きがある本書が最適書ということになる。

と書くと、本書は実にお固そうな一冊に聞こえるが、心配ご無用。前書「CONTENT'S FUTURE」より、本書はずいぶんとゆるく書かれている。たとえばこんな具合に。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  6. 6

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  7. 7

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  8. 8

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

  10. 10

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。