記事

参院選2019開幕「あなたの投票」はネットに操られている!

1/2

6月26日、選対本部の看板を掛ける安倍首相

 フェイスブック、ヤフー、アメブロ、食べログ……ふだん目を通すウェブサービスに、やたら政治家の広告が表示されるのにはカラクリがあった−−。いよいよ始まった2019年夏の参院選を左右する「ネット選挙」の最前線に迫る。

 2013年の参院選でネット選挙が解禁されてから6年、いまや選挙の主戦場はサイバー世界で、「ウェブを制するものが勝つ」時代に。

「女子大生買春疑惑」で辞職した米山隆一氏の後任を決める、2018年6月の新潟県知事選で、「それを感じる瞬間があった」と言うのは、選挙プランナーの第一人者である三浦博史氏(68)だ。

 三浦氏は、与党・自民党などが支援する花角英世候補(61)の陣営に入っていた。花角氏が戦いの火花を散らしていたのは、野党が結集して「反原発」「初の女性新潟県知事」を掲げていた池田千賀子候補(58)だった。

「魚沼市で開かれた花角氏の演説会で、地元有力者が『新潟県に女性の知事は必要ないんです』と言ってしまった。1時間後には、その発言が切り取られて編集された動画がネット上にアップされた。

『花角陣営、女性蔑視発言』と、拡散されたものの、すぐにその有力者に謝罪してもらい、その様子を動画でアップして、火消しをおこないました」

 結果は、花角氏が僅差で当選した。三浦氏が続ける。 

「恣意的に動画を編集されても、事実だからどうしようもない。怪文書とは違うのです。政治家でもない地元有力者の発言が、YouTubeでのネガティブキャンペーンに利用されたのは衝撃的でした」

 動画を拡散されて落選した代表例が、故・岡崎トミ子元国家公安委員長だ。2013年の参院選、宮城選挙区の現職で、民主党副代表も務めていた岡崎氏は、序盤は優勢だった。

「そこに挑んだのが、みんなの党所属の和田政宗候補(現・自民党)でした。

 2003年の訪韓時に、岡崎氏はソウルの日本大使館前でおこなわれた元従軍慰安婦支持団体のデモに参加していたのです。そのときの画像とともに、『あなたの1票を託せますか?』と有権者に問いかける動画を、和田氏サイドは配信したんです。

 これに、岡崎陣営は反論できなかった。結果は、和田氏が約5000票差で当選。岡崎氏はその後、議席を奪還できずに、政界を去りました」(三浦氏)

 そして現在、とくに恐るべき威力を見せているのが、フェイスブックだという。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  2. 2

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    志村どうぶつ園出演の家族に疑惑

    文春オンライン

  4. 4

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  5. 5

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    中村哲医師はなぜ銃撃されたのか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ジャパンライフと政治家の蜜月期

    文春オンライン

  8. 8

    中村医師巡る首相対応に「失格」

    天木直人

  9. 9

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  10. 10

    「サイゼ料理をアレンジ」は面倒

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。