記事

脳科学者が分析 水卜麻美は“ハンバーグ”、加藤綾子は“千疋屋のフルーツ”、大下容子は…… 結果発表「好きなアナ・嫌いなアナ」アンケート《識者コメント》編 - 「週刊文春」編集部

1/2

男性アナはおしゃべりなほど嫌われる? 饒舌なアナが上位を独占! から続く

【ランキング】嫌いな女性アナ1位~4位

「好きなアナ・嫌いなアナ」アンケートも今回で13回目となりました。本アンケートは、2019年2月19日から4月12日までの約2カ月間、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施しました。回答者の年齢は、下は17歳から上は85歳まで。回答総数は3100超に上りました。男性が53%、女性が47%という構成でした。

 アンケートの結果をもとに、ランクインしたアナウンサーと親交のある識者5名に話を伺いました。テレビの中で自分の役割をそつなくこなしているアナウンサーたちですが、舞台裏ではどんな素顔を見せているのでしょうか。

モーリー・ロバートソンさん(タレント・ジャーナリスト)


モーリー・ロバートソンさん

 水卜麻美さん(32・日本テレビ)とは朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)で共演していますが、あの“みんなに愛されるミトちゃん”の素顔は“COOLな仕事人”です。スタジオに入る直前までは日テレの社員という雰囲気で地味なのに、マイクロフォンを装着してフロアに上がる1秒、2秒で花形らしい空気を纏っていくんです。

 バラエティー番組でも共演しましたが、番組の求めに応じていじられることも辞さない構えです。テレビに出演する人は肩書自慢の“識者オヤジ”に、ミスコンや芸能界出身の“美女アナウンサー”が多いわけですが、彼らは総じて自意識が高く、いい格好をしたがります。テレビの中で「見られたい自分」を捨て、「求められている自分」だけになりきれる人はそうはいない。しかし水卜さんは簡単に自分を捨て去ります。慶応大学卒の才女である自分も、日本テレビアナウンサーに採用された美女である自分も捨て、「明るく食いしん坊なミトちゃん」になりきるのは高等テクニック。見事です。

 周囲の求めに対応する能力が高い彼女ですが、媚びているわけではない。立場をわきまえ、あらかじめ設定されたテレビのルールに沿いながらも毅然としている。その姿に多くの女性視聴者が共鳴しているのだと思いますね。

中野信子さん(脳科学者)

 共演したことのある方がたくさんランクインされていてうれしく思います。やはり水卜麻美アナが1位でしたか。彼女は食べ物に例えると“ハンバーグ”みたいな人。子供からお年寄りまで、みんなが大好きなメニューですよね。しかも栄養もたっぷり。彼女とは連絡をよく取り合っていて、食事にもしばしば行きます。プライベートでも変わらず明るくて、裏表のない、素直で気取らない性格の人です。頭の回転も速くて、すごく仕事が出来るのに、ひとかけらも嫌味な感じを与えない。とっさの機転が利く人で、お話ししていて面白い。本当に魅力あふれる人物です。

 有働由美子さん(50・フリー)は「あさイチ」で、女性であることによって生まれる葛藤や、普通の人なら隠して綺麗に取り繕ってしまうようなところを、あえて提示してみせることによって、多くの人の共感を得たという実績のある方です。実は日本人離れしたところをお持ちで、男性と互角に戦いたいという意志と、女性であることの面白さをどちらも追求したいというお気持ちを強く持っていらっしゃるんじゃないかと、ごく個人的には想像しています。そのパワーを感じて「有働さんの姿を見ると、私も走れそうな気がする」と勇気をもらえるような存在。例えるならば“エナジードリンク”のような人です。

 加藤綾子さん(34・フリー)は非常に美しくて、同性から見ても胸がドキドキしてしまうような輝かしい存在ですが、実は美人で損をしているところがあります。あの美しさに高い能力が隠されてしまうんです。番組を見ている人はわかると思いますが、実際、ものすごく頭のいい方です。距離感や間の取り方、切り返しの技術には非凡なものがあります。突っ込み所も見落とさず、きちっと流れに反映させて番組を面白くします。また食べ物に例えるなら“千疋屋のフルーツ”でしょうか? 高級品で普段は食べられないような高嶺の花感がありつつも、ひとたび口にしてみると「ああ、親しみのある味だ」と安心できる。加藤さんのトーク術に散りばめられた要素を学ぶと、どんな職場でもすごく役に立つと思いますよ。

 そして大下容子さん(49・テレビ朝日)。大下さんのような方が上位に選ばれていて本当にうれしいです。彼女のバランス感覚は群を抜いています。あれだけ控えめに仕事しようと心がけられていて、冠番組(「大下容子ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)を持っている。あらゆる立場の人を想定して、誰も傷つかないように振る舞う。それでいてはっと気づきのある一言をタイミングを外さずに言う。みんなを包み込む母性愛のようなものを根底にお持ちだと感じます。あと、私服がすごくオシャレ。奇抜で目立つものを着るというオシャレではなく、一見普通に見えつつもキラッとセンスの光る知的なファッションなんです。まさに大下さんの人柄のようではないでしょうか。食べ物にたとえると、大下さんは“お米”でしょうか。主食だけれど主張しすぎず、必ずそこにあってどんな食べ物もおいしくする。ものすごく高級なお寿司にもなれるし、大衆食堂の定食にもなれる、そういう方です。

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  6. 6

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    水道民営化=値上げ?誤解誘う投稿

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本中があおり運転に激怒する訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  10. 10

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。