記事

創刊67年、米風刺雑誌が廃刊に

風刺雑誌『MAD』が今秋、67年の歴史に事実上幕を下ろす。(Photo by Broadimage/Shutterstock)

長きにわたり出版されてきた米風刺雑誌『MAD Magazine』が、今年の秋をもって67年の歴史にいったん幕を下ろすことになった。

2019年10月に出版される第11号(MAD誌は事務所移転後、2018年から刊行番号をリセットしている)がMAD誌の「最新刊」となるが、表紙が新しくなることを除き、コンテンツはすべて過去のバックナンバーからの抜粋記事で構成される。

MAD誌オリジナルの新コンテンツは年末に出版される特集号で登場する予定。CNNの報道によれば、親会社DC Entertainmentは出版元として引き続き過去のコンテンツを使ったMAD誌やその他特別号を出版していく。

MAD誌は1952年、ハーヴェイ・カーツマン氏とウィリアム・ゲインズ氏がコミックブック風の雑誌として創刊。以来、ポップカルチャーや政治の風刺やパロディの発信源として一目置かれていた。現代アメリカのコメディの根幹でもあり、雑誌のマスコットでたびたび表紙にも登場するアルフレッド・E・ニューマンや、人気を博した裏表紙の折り込み漫画『Spy vs. Spy』など、数々の人気コンテンツから時代のブームが生まれた。

MAD誌廃刊の知らせが発表されたのは現地時間7月3日。雑誌のTwitterアカウントも、特に何の告知もなく、6月27日以降しばらく停止状態だった。2015年、MAD誌史上初の特別編集長をつとめたアル・ヤンコビックをはじめ、ソーシャルメディアでは廃刊を惜しむ声があがった。

「67年続いたMAD誌が廃刊になると聞いて、本当に残念だ。子供のころにどれだけ多くの影響を受けたか、語り出したら止まらないよ――あの雑誌のおかげで、僕はこんな変人になったんだから。さらば、アメリカが生んだ史上最高の雑誌よ」(アル・ヤンコビック)

映画監督のクリス・ミラーは、1994年にMAD誌でインターンとして働いていた時のことを振り返った。「編集部にはドラムセットが置いてあって、ジョークが滑ったときはリムショットを叩くのが決まりだった。いい思い出がいっぱいだ。寂しくなるよ」。元編集者のアリー・ゴアールツ氏もこう述べた。「MAD誌で働くことができて、子どものころの夢がかないました。MAD誌は色鮮やかな歴史を持つ雑誌です。私が(おそらく皆さんも)敬愛するコメディアンやコメディ作家をすべて網羅していました」

スティーヴン・ヴァン・ザントまでもが雑誌に敬意を表し、『ザ・ソプラノズ』をパロった過去の表紙を投稿した。「MAD誌よ、安らかに眠れ。本当に哀しい日だ。今こそこの雑誌が必要な時代なのに!……世界は前よりもつまらなくなってしまった」

Translated by Akiko Kato

あわせて読みたい

「雑誌」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  5. 5

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  8. 8

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  9. 9

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  10. 10

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。