記事

紀子さま、民間機を利用した「逆張り」外交の意図とは

1/2
7月1日のピアノ演奏会には白地に花側のワンピースをお召しに(時事通信フォト)

公費支出を抑えたいとの思いか(撮影/横田紋子)

 ポーランド出身の音楽家ショパンは、犬が自分の尻尾を追ってぐるぐる回る姿を見て、『子犬のワルツ』を作曲した。ポーランド訪問中の紀子さま(52才)は、首都・ワルシャワの劇場で行われたピアノコンサートを鑑賞され、その曲を、うっとりとした様子で聴き入られていたという。

【写真】”独自色”を出そうとされているという秋篠宮ご夫妻

 秋篠宮ご夫妻は6月27日から7月6日までの日程で、ポーランドとフィンランドを公式訪問された。

「紀子さまは今回の訪欧に際して、お召しものを何着か新調されたそうです。その一部は、日本を代表する高級オートクチュールブランドであつらえたもの。創業者一族はモデルとしても活躍していて、最近、パリ在住の日本人がデザイナーに就任したことでも話題になりました」(ファッション業界関係者)

 27日の出国時にはシャンパンゴールドのスーツ。28日のポーランド大統領の表敬訪問時にはクリーム色の帽子とスーツ。30日の伝統工芸の切り絵体験にはグレージュのストライプのワンピース。7月1日のピアノ演奏会には白地に花柄のワンピース…。

「皇族方の海外訪問時には公費から大きな予算が割り振られます。日本を代表しての訪問なので、服装や宝飾品もそれなりのものが必要になるのは当然のこと。一方で、海外訪問に合わせれば、公費で新しい服を何着も作りやすいともいえます。雅子さまは皇太子妃時代、療養もあって海外公務をほとんどされていませんでした。紀子さまとしては新調のお召しものも駆使し、今回の訪欧をより華やかな印象にしたいという思いがあったのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 秋篠宮さまが皇太子待遇である「皇嗣」となられて初めての海外訪問で、ご夫妻は、政府専用機やチャーター機ではなく、ほかの一般客も乗る民間機で渡欧された。

「天皇陛下は皇太子時代、公式訪問では政府専用機を使われ、私的に海外を訪問される時は、民間機をチャーターされていました。秋篠宮さまも皇嗣になられたので、前例を踏襲するのであれば、専用機を使われるべきところです。

 ただ、“多くの人に迷惑をかけたくない”というご希望もあって、民間の定期便を使われたのだと思います」(前出・宮内庁関係者)

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。